ご、ご無沙汰しております。
日記に書きたいことが一杯あるのに夜になると
眠気に勝てません。
(今日こそは!今夜こそは!)…と朝には思うのに
夜になると(明日には必ず!)と寝ています。
堅く決意しているんだけどな…(全然堅くないじゃん私の決意)
ねぇ~50過ぎるとこんなになっちゃうもの?
 
溜まった画像、記録しておきたいことなどがあるので
少しずつ遡ってアップして行こうと思います。
書けないで溜まっていくのがストレスです。
日付けは画像撮影時でアップするので、表示はこの記事の
後ろに溜まって行きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に長いこと放置していたので、ルルは元気なのかと
ご心配して下さっている方もいると思います。
(ありがとうございます

ルル現在推定17歳と4か月、
お陰さまで健やかな老犬生活を送っております。
6月に入ってからも湿度のないカラリとした気持ちよい
気候が続いているので過ごしやすくて助かります。

家の近所をグルグル歩く時にはカートを持たずに
散歩することも多いのですが、そうすると大概誰かに
「元気になったね」、「元気になって良かったね」と
声を掛けてもらいます。
気にかけてもらえる事は嬉しいことなので、ありがとうございますと
答えるのですが、

【カートに乗る・カートを持って散歩をしている犬=具合が悪い・歩けない】
と言ったイメージが圧倒的に強いんだなと思いました。

車椅子も同じですよね。
完全に歩けなくなる前に、その予防やリハビリとして利用する価値が
凄く大きい
のに。

いやぁ~実に勿体ない。
どうせ買うならその兆しが見えた頃ですよ、ホント。


IMG_2264.jpg


そんなわけで。
そう言う皆さんの一般的な固定観念を崩してもらえるように
日々ルルと普及活動をしております。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


IMG_2265.jpg


連写で撮った画像を捨てられなかったので載せちゃった。

スポンサーサイト

不定期開催のお料理教室。
今回はグルテンフリーのスイーツです♪
米粉で作るマフィンを教えてもらいたい!と言うリクエストに
ようやく応えて頂けました♪\(^o^)/♪
先生ありがとぉ~~~

今回はマフィンの他にヴィーガンクリーム、ヴィーガンチョコレート、
米粉プレッツェルを教えて頂きました。


IMG_2180.jpg


抹茶ホワイトチョコレートに点々とチョコレートを落とし
竹串でマーブル模様を作っています。
何でもセンスがある人は上手です。


IMG_2181.jpg


ヴィーガンのチョコレートもクリームも私には濃厚過ぎて(何でだろう)
ちょっと苦手だったです。これは好き好きなのか慣れなのか…。


IMG_2190.jpg


米粉のプリッツェルは2の段階である程度混ざったら


IMG_2182.jpg


手でポロポロになるまで混ぜます。
手で擦るような感じだそうです。


IMG_2183.jpg


こんな状態になったら工程3へ。


IMG_2184.jpg


4角に延ばします。


IMG_2185.jpg


角々はスケッパーを使いながら整えると上手くいくそうです。
なるほど~。


IMG_2186.jpg


3mm幅に切ってオーブンで焼いて出来上がり!
ワインが欲しくなるねぇ~…な感じの
大人プリッツェル完成。
塩を入れなければ犬のオヤツにも良さそうです。


IMG_2189.jpg


これは米粉マフィン。


IMG_2187.jpg


全部盛り合わせて、こんな感じ♪


IMG_2195.jpg


生徒さんの中には(いつかお教室を♪)と目指している方も居て、
その方のお土産(勿論手作り)で甘夏のクラフティを皆でご馳走になりました。


IMG_2136_201706201430461ef.jpg


流石に上手です

うんめぇ~~~~~~
おかわりもっと欲しい~


IMG_2137_20170620143048570.jpg


で。
家に帰って米粉マフィンのおさらい。


IMG_2213.jpg


お味噌出来上がりました♪
心配していたカビは大丈夫でした。
食べた感想はねぇ、期待したほどのものではなかった…
やっぱり美味い不味いは好みがあるものねぇ。
子供の頃から白味噌の味噌汁って食べたことがなかったから
この甘さに慣れてないせいもあるんだろうな。


IMG_2206.jpg


何か白味噌を使ったお料理を探そう!
味噌汁として使うには合わせないと無理そうだから。


IMG_2210.jpg


ルルはお味噌に興味があるわけじゃなくて
(お留守番お利巧にしていたからご褒美ちょうだいな)
…と言うところです。


IMG_2207.jpg


今度お味噌作りをするなら絶対赤味噌にするのだ