FC2ブログ


「この夏も暑さが厳しいらしいよ」「残暑がキツイらしいよ」
なんて言う前評判だったですが、ells地方はそんな事もなく
無事に2017年の夏も終了。

この夏のルルはどうだったかと言うと、私がオフ会に出かけた日に
嘔吐をしてから何となく調子を崩し、下痢、そして膣炎に悩まされた
夏でした。


2017-09-03-2.jpg


白いシーツにちょびっとだけ血のようなものが付いていて
どこからの出血か最初わからず、陰部を確認してみたら
膣からオリモノが出ていて、ここからだったか…と。

オリモノに臭いはなく、ルルは避妊していて卵巣も間違いなく
取ったと獣医から確認しているので子宮蓄膿症ではないこと、
症状を調べると膣炎に当てはまりました。

共にドッグマッサージやケアを学んだ仲間の老犬(16歳)も
やはり今年膣炎になったそうで、彼女はハーブでケアをして
完治させたと言っていたし、所詮動物病院に行っても
抗生物質の投与とその他やったとしても膣内洗浄の処置で
しかも抗生物質は膣炎にはイマイチだと言う話を聞いたので
行ってもしょうがないと判断。(あ~良かった!)

ホメオパシー療法でやろう。
ハーブで完治できるならレメディでも治るでしょ。
ホメオパスに相談しながら適したレメディを飲み
膣やオマタ周りの洗浄も手持ちのホメオパシー
(基本の36キット)とフラワーレメディで♪
ひと月掛かりましたけど、薬を使わない優しいケアで落ち着きました。


2017-09-03-1.jpg


それから、
この夏4回ほど下痢もさせてしまいました。
(膣炎にさせたのは、下痢ピーの汁が陰部に付いたせいでは
ないかと推測しています。)
老犬の下痢はやばいと思っているのですが、こういう時も
ホメオパシーのレメディに助けてもらっています。

下痢をしたら水分は摂らせないとダメなのですが
固形物を与えると腸に刺激を与えてしまうので
野菜、少しのお肉、白米を煮て、その上澄みだけを与え
そしてホメオパシーのレメディを飲ませてあげます。
ルルは大概これだけで下痢は止まり、翌日は便は何も出ず、
その翌日から通常の便に戻っています。
下痢になるには色んな原因がありますが
ルルの場合は食べさせた物、
食べさせた量が原因になっているので
このケアで十分のようです。

何につけ病院に行くと抗生物質が処方される事が多いですが
抗生物質は正常な腸内生物を絶滅させると本には書いてあるので
家ではルルは勿論人間家族にも使いません。
腸はとても大事。腸内フローラを増やすような食べ物を摂ると良いって
言われているのに、抗生物質でそれを絶滅させてなるものか!
(ちなみにホメオパシーのレメディの中には
抗生物質に代わるものもあります。)

それでなくても私たちがスーパーやお肉屋さんで買ってくる
お肉には抗生物質が入っているので、病院で処方される抗生物質を
飲んでいなくても体内に少しずつ蓄積されています。
(だから肝腎をケアし、腸内フローラを増やし、
日々の解毒がスムーズに行われるように…が大事なんですねぇ。)

今の世の中、安全な食材なんてなかなか手に入らないからね。
その分適度な運動と自然療法的なケアをしていくのが
理想なんだけどね。

ホメオパシーについてはまた近いうちに書きたいと思います。


2017-09-03-3.jpg


下痢させちゃってごめんね~…ルル。


スポンサーサイト

砂療法って聞いた事ありますか?
砂の中に体を埋めて数時間。すると、体の中から毒素が出てくる…というやつです。
一人で海岸に出掛けて、砂の中に顔だけだして埋まると言うのは、ちょっとぉ…。
と言う人は、砂袋を作って代用できるんだよ…と教えてもらいました。
そう、自然療法大好きな従姉妹に…。

先日白浜海岸まで行ったのは、この砂袋を作るための砂を頂きに出掛けたのでした。
使用する砂は何でも良いみたいなんですけど、粒子の細かいものが良いらしいです。

いざ作ろうと思ったら、頂いてきた砂をビニール袋に入れっ放しだったので
すっかり湿っていました。
外は天気が悪いので室内干しをしているところです。↓


snap_bunbuntail_200955172012.jpg


おっ!ルル、思い出したか!


2009_05290002.jpg

そうだよ、あの時の砂浜の砂だよ♪
これでルルちゃんに良いものを作ってあげるからね。


2009_05290005.jpg

今年癌の手術をした母は勿論、父も私も調子の悪い時には使えるし…
だけど、面倒臭がりやの私を動かしたのは、言うまでもなく、
誰よりも一番にルルの為に作ってあげたいと思ったからです。
アッタリ前のクラッカーよぉ!
(↑…ってどこから生まれた言葉ですかね?)


2009_05290007.jpg

ジャジャーン!!! 
お裁縫と聞いただけで落ち込むくらい嫌いな私が砂袋作っちゃいましたぁ~!!!

昔々、外で飼われていたワンちゃんが、自分のハウスの近くに穴を掘って
土の中に気持良さそうに寝ているのを見た事があるんです。
たぶん夏だったと思うんです。あの時は犬の悪戯だとしか思わなかったけれど
でも、あれは自分のほてった体の熱を土の上で冷ましていたんですよね。
土や砂の上で寝る事で体の毒素を出す…と言うことを、この子たちは
ちゃんと知っているんでしょうね。

家の庭では、スズメが砂風呂に入っていくし…。
動物って凄いですよ。


2009_05290008.jpg

もうすぐ暑い夏がやってくるでしょ。
ルルはクールボードの感触が好きじゃないらしくて、なかなか乗ってくれないんです。
だったら、この砂袋がグーじゃない!?
おまけに体の毒素も出してもらってどんどん健康になってもらうのです♪

真夏以外は温めてあげるのが良いですよ。
人間が使用する場合も”目と頭に使う以外は温めて使う”と書いてありましたから。

普通にミシンが使える人はチョチョイノチョイで出来るし、
一度作れば半永久的に使えるし、
お金も掛からないし、
体の毒素は出してくれるし、おまけに気持が良いし♪
一石何鳥?って感じですね。

私はこれと同じサイズを後2つ作って、お腹に乗せる小さいものと、
目の上に乗せるものを作る予定です。

ルル専用のものは、ガーゼでカバーを作って、汚れたらカバーを
外して洗えるようにしようと思っています。


2009_05290012.jpg

ねー、気持良さそうでしょう?

皆さんのワンちゃんにも作ってあげてみて下さいね。
明日か明後日には作り方をアップしたいと思っています。
お楽しみに(?)


ビワの葉エキスは温湿布にも使うし、モグサで温灸をする時にも
葉っぱが手に入らない時などには、このエキスを使うんです。
でも、このエキスって買うと結構高いんですよ。(500mlで7,350円)

面倒くさがりの私ですが、これからはこのエキスをたくさん使う予定なので
頑張って作ってみました。

犬友達のお宅から頂いたり、母のお友達が山を一緒に
探してくれたりして(3月7日)集めたビワの生葉です。


2009_03120003.jpg


ビワの木自体、ほとんど見当たらないし、例えあったとしても
良い葉っていうのはそんなにたくさんないんです。
これだけの量を集めるのは大変なこと…。


2009_03120001.jpg

ルルの大あくび…。
アンタ、”百年の恋も冷める”って言われるよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ビワの葉エキスの作り方】

1年以上たった濃い緑色で肉厚のビワの葉を採取し、
タワシで両面をよく洗って水気が切れるまで乾かした後、2~3センチ幅に切ります。
タワシで洗う際、葉の裏側にある綿毛をできるだけきれいに取って下さい。
濁りの原因になることがあります。


梅酒などに使う広口ビンを用意し、ホワイトリカー1.8リットルに対して
ビワ葉120グラム程度を漬け込み、密閉して冷暗所におきます。


3~4週間したら葉の上下を入れ替えます。
入れ替え作業は2~3回行いますが、なるべく葉と葉の間の空気を抜き、
葉が浮いてこないよう押さえつけて下さい。
葉が外気に触れているとカビの発生することがあります。


あとは冬場で4ヶ月、夏場で3ヶ月ほど置けば出来上がりです。


成分が安定し、葉の色がすっかり茶色になったら葉を取り出します。
濁りが気になるようでしたら、コーヒー用の紙フィルターで濾すときれいになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔、ビワの葉を焼酎漬けにした時に、ずーーっとそのままにしておいたら
葉っぱが全部焼酎を吸ってしまって大失敗したので、
今度は葉を取り出すのを忘れないようにしよう…。

そうそう、水気はきっちり取らないと成分が変わってしまうって書いて
あるところがあったので、作られる方は気をつけて下さいね。


2009_03120049.jpg


2日掛かりでようやく漬け込んだ…。
(3月9日、10日)

2009_03120050.jpg


全部で4升分です。




最新記事