FC2ブログ


昨年の秋から大親友の勧めで手作り酵素を作り始めました。
彼女のお母さんが具合が悪く、もうダメだろうと思っていた時に、
知り合いの方から勧められてこの酵素を作って飲ませたところ
グングンと元気になったと言うのです。

初心者は必ず一度説明会に行ってレクチャーを受けないと
いけないのですが、出来上がった酵素の使い方も聞けたりして
勉強になります。

京・手作り酵素の会

秋の酵素は30種類の果物、野菜を使って仕込みます。
私は10㎏を2回作りました。
(家族3人で毎日飲むと春まで足りないのです。)


3月には春の酵素を仕込みました。
早朝に様々な野草を摘んで、それを細かく刻んで漬け込みます。
主催して下さる方の指導のもとでないと、どの野草が使えるのか
美味しく出来上がる為にどんな種類をバランス良く入れていくと
良いのか…春の野草酵素の場合は自分一人で漬け込むには
難しいな~と思いました。

でも、この春の酵素はデトックス力は金メダル級で、
両親が生きている間はずっと作り続けようと思っています。


thumbnail_IMG_20190417_131811_201905191444494be.jpg


この間ブログにも書いた、ルルのベッドを差し上げたワンちゃん。
高齢(16歳)で急性膵炎になり、腎臓の数値も高く、飼い主さんも
泣いていらしたので、有機玄米で玄米クリームスープを作るように
教え、うちの手作り酵素と素流水をあげて飲ませたところ、
どんどん元気になり、立ち上がってご飯を食べられるようになり
歩けるようにもなって体重が増えていっていると連絡がありました。
毎日の点滴が一日置きになり、二日おきになり、一週間に一度に
なり、獣医さんも一体何が起きているのだろうと驚いているという
事でした。

病院に預けている時、何とか酵素を飲ませたくて獣医さんに
手作りスープだと偽って持って行ったそうですが、
器を開けると周囲に居る入院患者さん(犬猫)が一斉に
注目して、鼻をクンクンしたり、欲しそうな素振りなので
獣医さんが「そのスープは何のスープ?」と聞いたとか。

それを聞いて、動物たちは自分の体が欲しているものが
本能で分かるんだな…と思いました。
高額なサプリや薬の前に、いや、あるいは併用でも良いから
こういう手作り酵素なんかを飲ませてくれる病院があったら
良いよねぇ~。

ルルが生きている間にこの酵素を飲ませたかったよ、本当に…。
ようやく良いお水にも出会えたって言うのにね。
一番飲ませてあげたいルーさんが居ないんだもの。
ルル、もう少しだけ生きててくれたら良かった。
そしたら元気に20歳超えも出来たかもしれない…
と本気で思っている私なのです。


IMG_20190611_135830.jpg


数日前に梅酵素を漬け込みました。(これは一人でも楽勝!)
漬け込んだ翌日から毎日午前中に愛情込めた言葉を
(酵素に)掛けながら素手でかき混ぜるのを7日続けます。


thumbnail_IMG_20190427_113209_2019051914445009d.jpg


仕上げは「海の精」と言うものを最後に加えて完成します。
秋の酵素は銀メダル、梅の酵素は銅メダルだそうですが
美味しさは群を抜いているとか…
美味しくて体にも良いなんて最高です!
出来上がりが楽しみだなぁ~♪

ぬか床やら酵素やら、自分の常在菌を使って発酵を促したり
目には見えないけど生き物を育ててるって言うのが妙に楽しい。
常在菌って凄いよね。あんまり神経質になって自分の体を
清潔にし過ぎるのは返って病気にしてしまうんだなって言うのが
分かって来た気がする。
人間も犬もさ、洗いすぎると本来皮膚を守ろうとする菌まで
皆殺しにしちゃうから皮膚のトラブルを起こしちゃうんだよ。
(石鹸もシャンプーもボディソープも成分見ると怖いよ)

まぁ、とにかく、ワンちゃんが居るお家には是非愛情込めて
酵素を作って飲ませてあげて下さい~と言いたいな。
自分の手でかき混ぜるとその手に付いている常在菌の情報を
読んで、それを補う酵素が出来上がるって言うから、
一緒に住む人間家族やワンちゃんにとって一番最適な酵素に
なるってことだもんね。
いやぁ~本当に素晴らしい!!!


スポンサーサイト




食い渋りが強いルルのことで犬友達に相談したら、
ゴマ油にニンニクを漬け込んだものを試してみたらどうかと
アドバイスを頂いた。
「アホエンオイルと検索すると出てくるよ」
と教えてもらったので調べてみたら、
この効果の内容に人間の方が食らいついたわけですよ。

アホエンオイルの効果

ネットではゴマ油ではなくエクストラバージンオイルを使用と
なっていたので、とりあえず今回はオリーブオイルで。


20150818_092916.jpg


作り方は微妙に人それぞれで、教えてくれた犬友達は
ニンニクを油に漬け込んで約1週間してから使用と言っていたのに対し、
ネット上では湯煎にかけると書かれてある。

・ニンニクをみじん切りにしてオイルの瓶に入れ込み一緒に湯煎にかける。
・オイルを湯煎にかけて火を止める直前にみじん切りしたニンニクを入れる。

いったいどっちが正しい作り方なんだろうと首を傾げながらも
後者の方のやり方でやってみた。
100℃以上に加熱してはいけないって言うんだし…。

その漬け込んだニンニクはどのくらい置いてからこすんだろう…?と、
これについては書かれていないので、適当に半日置いて濾してみた。

ルルの朝ご飯に1滴垂らしてみたら何か良さそう♪

でも、多くは人間の分で終わってしまいそうですよ。


砂袋の作り方

使用する生地は”ロード”と言う生地です。
ビロードではありません。ブロードです。
とても目の詰まっている綿の布です。

緑色の部分を中表にしてミシンでも手縫いでも良いので、
とにかく2度縫いをします。
(絵には書いてありませんが、口の部分も砂を入れる部分だけ少し
残しておいて、縫っておくと後が楽です)

snap_bunbuntail_200955121153.jpg

その後、布の表地を返してから、青い部分を縫います。
そのまま縫ってしまうと裏地が表に返りませんので注意です。
生地は2枚重なっています。
ピンク色の部分はだいたい4~5センチくらい残しておきます。
ここを空けておかないと後から砂が入りません。


snap_bunbuntail_20095512243.jpg


そのままダーッと一直線で縫うよりも、布地をつまんで縫った方が
何となく頑丈そうな気がしたので…。
断面図、意味が分るでしょうか…?

snap_bunbuntail_20095512363.jpg


砂袋の厚みは2~3センチだそうです。




砂を入れ終わったら、最後の部分を縫い閉じます。
砂袋を幾つか作って、それを並べて寝る場合、ひとつひとつの砂袋の厚みが違うと
寝にくいので、コップとかで”何杯”と測りながらやると良いと思います。
(ちなみに私は目分量でやってしまいましたが…)

中央に縫い目を入れるのは、砂が偏らない為ですが、両端を縫い残してあるので、
袋を閉じた後からでも砂を均等にさせる事ができますよ!
我ながらグッドアイデアでした♪




お日さまに干しておくと気持が良いですぅ~♪


砂療法って聞いた事ありますか?
砂の中に体を埋めて数時間。すると、体の中から毒素が出てくる…というやつです。
一人で海岸に出掛けて、砂の中に顔だけだして埋まると言うのは、ちょっとぉ…。
と言う人は、砂袋を作って代用できるんだよ…と教えてもらいました。
そう、自然療法大好きな従姉妹に…。

先日白浜海岸まで行ったのは、この砂袋を作るための砂を頂きに出掛けたのでした。
使用する砂は何でも良いみたいなんですけど、粒子の細かいものが良いらしいです。

いざ作ろうと思ったら、頂いてきた砂をビニール袋に入れっ放しだったので
すっかり湿っていました。
外は天気が悪いので室内干しをしているところです。↓


snap_bunbuntail_200955172012.jpg


おっ!ルル、思い出したか!


2009_05290002.jpg

そうだよ、あの時の砂浜の砂だよ♪
これでルルちゃんに良いものを作ってあげるからね。


2009_05290005.jpg

今年癌の手術をした母は勿論、父も私も調子の悪い時には使えるし…
だけど、面倒臭がりやの私を動かしたのは、言うまでもなく、
誰よりも一番にルルの為に作ってあげたいと思ったからです。
アッタリ前のクラッカーよぉ!
(↑…ってどこから生まれた言葉ですかね?)


2009_05290007.jpg

ジャジャーン!!! 
お裁縫と聞いただけで落ち込むくらい嫌いな私が砂袋作っちゃいましたぁ~!!!

昔々、外で飼われていたワンちゃんが、自分のハウスの近くに穴を掘って
土の中に気持良さそうに寝ているのを見た事があるんです。
たぶん夏だったと思うんです。あの時は犬の悪戯だとしか思わなかったけれど
でも、あれは自分のほてった体の熱を土の上で冷ましていたんですよね。
土や砂の上で寝る事で体の毒素を出す…と言うことを、この子たちは
ちゃんと知っているんでしょうね。

家の庭では、スズメが砂風呂に入っていくし…。
動物って凄いですよ。


2009_05290008.jpg

もうすぐ暑い夏がやってくるでしょ。
ルルはクールボードの感触が好きじゃないらしくて、なかなか乗ってくれないんです。
だったら、この砂袋がグーじゃない!?
おまけに体の毒素も出してもらってどんどん健康になってもらうのです♪

真夏以外は温めてあげるのが良いですよ。
人間が使用する場合も”目と頭に使う以外は温めて使う”と書いてありましたから。

普通にミシンが使える人はチョチョイノチョイで出来るし、
一度作れば半永久的に使えるし、
お金も掛からないし、
体の毒素は出してくれるし、おまけに気持が良いし♪
一石何鳥?って感じですね。

私はこれと同じサイズを後2つ作って、お腹に乗せる小さいものと、
目の上に乗せるものを作る予定です。

ルル専用のものは、ガーゼでカバーを作って、汚れたらカバーを
外して洗えるようにしようと思っています。


2009_05290012.jpg

ねー、気持良さそうでしょう?

皆さんのワンちゃんにも作ってあげてみて下さいね。
明日か明後日には作り方をアップしたいと思っています。
お楽しみに(?)


ビワの葉エキスは温湿布にも使うし、モグサで温灸をする時にも
葉っぱが手に入らない時などには、このエキスを使うんです。
でも、このエキスって買うと結構高いんですよ。(500mlで7,350円)

面倒くさがりの私ですが、これからはこのエキスをたくさん使う予定なので
頑張って作ってみました。

犬友達のお宅から頂いたり、母のお友達が山を一緒に
探してくれたりして(3月7日)集めたビワの生葉です。


2009_03120003.jpg


ビワの木自体、ほとんど見当たらないし、例えあったとしても
良い葉っていうのはそんなにたくさんないんです。
これだけの量を集めるのは大変なこと…。


2009_03120001.jpg

ルルの大あくび…。
アンタ、”百年の恋も冷める”って言われるよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ビワの葉エキスの作り方】

1年以上たった濃い緑色で肉厚のビワの葉を採取し、
タワシで両面をよく洗って水気が切れるまで乾かした後、2~3センチ幅に切ります。
タワシで洗う際、葉の裏側にある綿毛をできるだけきれいに取って下さい。
濁りの原因になることがあります。


梅酒などに使う広口ビンを用意し、ホワイトリカー1.8リットルに対して
ビワ葉120グラム程度を漬け込み、密閉して冷暗所におきます。


3~4週間したら葉の上下を入れ替えます。
入れ替え作業は2~3回行いますが、なるべく葉と葉の間の空気を抜き、
葉が浮いてこないよう押さえつけて下さい。
葉が外気に触れているとカビの発生することがあります。


あとは冬場で4ヶ月、夏場で3ヶ月ほど置けば出来上がりです。


成分が安定し、葉の色がすっかり茶色になったら葉を取り出します。
濁りが気になるようでしたら、コーヒー用の紙フィルターで濾すときれいになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔、ビワの葉を焼酎漬けにした時に、ずーーっとそのままにしておいたら
葉っぱが全部焼酎を吸ってしまって大失敗したので、
今度は葉を取り出すのを忘れないようにしよう…。

そうそう、水気はきっちり取らないと成分が変わってしまうって書いて
あるところがあったので、作られる方は気をつけて下さいね。


2009_03120049.jpg


2日掛かりでようやく漬け込んだ…。
(3月9日、10日)

2009_03120050.jpg


全部で4升分です。




最新記事