FC2ブログ


昨年の秋から大親友の勧めで手作り酵素を作り始めました。
彼女のお母さんが具合が悪く、もうダメだろうと思っていた時に、
知り合いの方から勧められてこの酵素を作って飲ませたところ
グングンと元気になったと言うのです。

初心者は必ず一度説明会に行ってレクチャーを受けないと
いけないのですが、出来上がった酵素の使い方も聞けたりして
勉強になります。

京・手作り酵素の会

秋の酵素は30種類の果物、野菜を使って仕込みます。
私は10㎏を2回作りました。
(家族3人で毎日飲むと春まで足りないのです。)


3月には春の酵素を仕込みました。
早朝に様々な野草を摘んで、それを細かく刻んで漬け込みます。
主催して下さる方の指導のもとでないと、どの野草が使えるのか
美味しく出来上がる為にどんな種類をバランス良く入れていくと
良いのか…春の野草酵素の場合は自分一人で漬け込むには
難しいな~と思いました。

でも、この春の酵素はデトックス力は金メダル級で、
両親が生きている間はずっと作り続けようと思っています。


thumbnail_IMG_20190417_131811_201905191444494be.jpg


この間ブログにも書いた、ルルのベッドを差し上げたワンちゃん。
高齢(16歳)で急性膵炎になり、腎臓の数値も高く、飼い主さんも
泣いていらしたので、有機玄米で玄米クリームスープを作るように
教え、うちの手作り酵素と素流水をあげて飲ませたところ、
どんどん元気になり、立ち上がってご飯を食べられるようになり
歩けるようにもなって体重が増えていっていると連絡がありました。
毎日の点滴が一日置きになり、二日おきになり、一週間に一度に
なり、獣医さんも一体何が起きているのだろうと驚いているという
事でした。

病院に預けている時、何とか酵素を飲ませたくて獣医さんに
手作りスープだと偽って持って行ったそうですが、
器を開けると周囲に居る入院患者さん(犬猫)が一斉に
注目して、鼻をクンクンしたり、欲しそうな素振りなので
獣医さんが「そのスープは何のスープ?」と聞いたとか。

それを聞いて、動物たちは自分の体が欲しているものが
本能で分かるんだな…と思いました。
高額なサプリや薬の前に、いや、あるいは併用でも良いから
こういう手作り酵素なんかを飲ませてくれる病院があったら
良いよねぇ~。

ルルが生きている間にこの酵素を飲ませたかったよ、本当に…。
ようやく良いお水にも出会えたって言うのにね。
一番飲ませてあげたいルーさんが居ないんだもの。
ルル、もう少しだけ生きててくれたら良かった。
そしたら元気に20歳超えも出来たかもしれない…
と本気で思っている私なのです。


IMG_20190611_135830.jpg


数日前に梅酵素を漬け込みました。(これは一人でも楽勝!)
漬け込んだ翌日から毎日午前中に愛情込めた言葉を
(酵素に)掛けながら素手でかき混ぜるのを7日続けます。


thumbnail_IMG_20190427_113209_2019051914445009d.jpg


仕上げは「海の精」と言うものを最後に加えて完成します。
秋の酵素は銀メダル、梅の酵素は銅メダルだそうですが
美味しさは群を抜いているとか…
美味しくて体にも良いなんて最高です!
出来上がりが楽しみだなぁ~♪

ぬか床やら酵素やら、自分の常在菌を使って発酵を促したり
目には見えないけど生き物を育ててるって言うのが妙に楽しい。
常在菌って凄いよね。あんまり神経質になって自分の体を
清潔にし過ぎるのは返って病気にしてしまうんだなって言うのが
分かって来た気がする。
人間も犬もさ、洗いすぎると本来皮膚を守ろうとする菌まで
皆殺しにしちゃうから皮膚のトラブルを起こしちゃうんだよ。
(石鹸もシャンプーもボディソープも成分見ると怖いよ)

まぁ、とにかく、ワンちゃんが居るお家には是非愛情込めて
酵素を作って飲ませてあげて下さい~と言いたいな。
自分の手でかき混ぜるとその手に付いている常在菌の情報を
読んで、それを補う酵素が出来上がるって言うから、
一緒に住む人間家族やワンちゃんにとって一番最適な酵素に
なるってことだもんね。
いやぁ~本当に素晴らしい!!!


スポンサーサイト




「この夏も暑さが厳しいらしいよ」「残暑がキツイらしいよ」
なんて言う前評判だったですが、ells地方はそんな事もなく
無事に2017年の夏も終了。

この夏のルルはどうだったかと言うと、私がオフ会に出かけた日に
嘔吐をしてから何となく調子を崩し、下痢、そして膣炎に悩まされた
夏でした。


2017-09-03-2.jpg


白いシーツにちょびっとだけ血のようなものが付いていて
どこからの出血か最初わからず、陰部を確認してみたら
膣からオリモノが出ていて、ここからだったか…と。

オリモノに臭いはなく、ルルは避妊していて卵巣も間違いなく
取ったと獣医から確認しているので子宮蓄膿症ではないこと、
症状を調べると膣炎に当てはまりました。

共にドッグマッサージやケアを学んだ仲間の老犬(16歳)も
やはり今年膣炎になったそうで、彼女はハーブでケアをして
完治させたと言っていたし、所詮動物病院に行っても
抗生物質の投与とその他やったとしても膣内洗浄の処置で
しかも抗生物質は膣炎にはイマイチだと言う話を聞いたので
行ってもしょうがないと判断。(あ~良かった!)

ホメオパシー療法でやろう。
ハーブで完治できるならレメディでも治るでしょ。
ホメオパスに相談しながら適したレメディを飲み
膣やオマタ周りの洗浄も手持ちのホメオパシー
(基本の36キット)とフラワーレメディで♪
ひと月掛かりましたけど、薬を使わない優しいケアで落ち着きました。


2017-09-03-1.jpg


それから、
この夏4回ほど下痢もさせてしまいました。
(膣炎にさせたのは、下痢ピーの汁が陰部に付いたせいでは
ないかと推測しています。)
老犬の下痢はやばいと思っているのですが、こういう時も
ホメオパシーのレメディに助けてもらっています。

下痢をしたら水分は摂らせないとダメなのですが
固形物を与えると腸に刺激を与えてしまうので
野菜、少しのお肉、白米を煮て、その上澄みだけを与え
そしてホメオパシーのレメディを飲ませてあげます。
ルルは大概これだけで下痢は止まり、翌日は便は何も出ず、
その翌日から通常の便に戻っています。
下痢になるには色んな原因がありますが
ルルの場合は食べさせた物、
食べさせた量が原因になっているので
このケアで十分のようです。

何につけ病院に行くと抗生物質が処方される事が多いですが
抗生物質は正常な腸内生物を絶滅させると本には書いてあるので
家ではルルは勿論人間家族にも使いません。
腸はとても大事。腸内フローラを増やすような食べ物を摂ると良いって
言われているのに、抗生物質でそれを絶滅させてなるものか!
(ちなみにホメオパシーのレメディの中には
抗生物質に代わるものもあります。)

それでなくても私たちがスーパーやお肉屋さんで買ってくる
お肉には抗生物質が入っているので、病院で処方される抗生物質を
飲んでいなくても体内に少しずつ蓄積されています。
(だから肝腎をケアし、腸内フローラを増やし、
日々の解毒がスムーズに行われるように…が大事なんですねぇ。)

今の世の中、安全な食材なんてなかなか手に入らないからね。
その分適度な運動と自然療法的なケアをしていくのが
理想なんだけどね。

ホメオパシーについてはまた近いうちに書きたいと思います。


2017-09-03-3.jpg


下痢させちゃってごめんね~…ルル。



Facebookで見つけたohanaさんで腹巻をオーダーしました。
可愛いわ肌触りも良いわ使い易いわで文句なし!
手間暇掛けて作られているなぁ~と感心します。


2017-08-23-2.jpg


ohanaさんは女性3人でワンちゃんの為の手作りグッズを作って
その売り上げから材料費を除いた金額を
保護活動の支援に寄付されています。
(アカウントをお持ちなら、@wakka0330で検索してみてね)

ルルも何枚か腹巻あるけど、オーダー腹巻は初めて。
犬の腹巻がオーダーですからね。凄っ
うん!確かに良いよ、これ。
一年通して使うつもりなので洗い替えが欲しいところです。

老犬の腹は夏も冷やさぬように…


2017-08-23-1.jpg


似合うでしょ?



ご、ご無沙汰しております。
日記に書きたいことが一杯あるのに夜になると
眠気に勝てません。
(今日こそは!今夜こそは!)…と朝には思うのに
夜になると(明日には必ず!)と寝ています。
堅く決意しているんだけどな…(全然堅くないじゃん私の決意)
ねぇ~50過ぎるとこんなになっちゃうもの?
 
溜まった画像、記録しておきたいことなどがあるので
少しずつ遡ってアップして行こうと思います。
書けないで溜まっていくのがストレスです。
日付けは画像撮影時でアップするので、表示はこの記事の
後ろに溜まって行きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に長いこと放置していたので、ルルは元気なのかと
ご心配して下さっている方もいると思います。
(ありがとうございます

ルル現在推定17歳と4か月、
お陰さまで健やかな老犬生活を送っております。
6月に入ってからも湿度のないカラリとした気持ちよい
気候が続いているので過ごしやすくて助かります。

家の近所をグルグル歩く時にはカートを持たずに
散歩することも多いのですが、そうすると大概誰かに
「元気になったね」、「元気になって良かったね」と
声を掛けてもらいます。
気にかけてもらえる事は嬉しいことなので、ありがとうございますと
答えるのですが、

【カートに乗る・カートを持って散歩をしている犬=具合が悪い・歩けない】
と言ったイメージが圧倒的に強いんだなと思いました。

車椅子も同じですよね。
完全に歩けなくなる前に、その予防やリハビリとして利用する価値が
凄く大きい
のに。

いやぁ~実に勿体ない。
どうせ買うならその兆しが見えた頃ですよ、ホント。


IMG_2264.jpg


そんなわけで。
そう言う皆さんの一般的な固定観念を崩してもらえるように
日々ルルと普及活動をしております。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


IMG_2265.jpg


連写で撮った画像を捨てられなかったので載せちゃった。


3月6日にルルの眼の下にイボが出来ているのを発見。
昨年辺りからイボが出来るようになったなぁ~。
またバイレックスクリームを塗り始めたけど
以前のイボとはカンジが違うせいかまだ変化なし。

しばらく続けて変化が無いようならヒマシ油を試してみようかな…。


DSC02584.jpg





最新記事