何のデビューか…
ルルにはまだ内緒にしておこう。


2008_06300020.jpg


最近ベンチボックスの上に布団を敷いたら、そこが気に入ったらしい。
手足が長いのではみ出すんだけどね…。

こんな風に何もないのに一点を見つめてる時は
リンちゃんが来てるんだな…と思う。
絶対来てるよ、リンダ!
だってね、だってね…明日はね…ふふふ。
スポンサーサイト

プロバイダーを引越しました。
ようやく本日より開通です。
1998年にパソコンを始めてから、今回で何回目の引っ越しだろね…。
もうこんな面倒くさいこと絶対しないんだからっ!!!
…とその度に思うんだけど。

何もこんな忙しい時期に変えなくとも良かったんだわ。
試験が終ってからすりゃぁ良いのに…馬鹿だねぇ、ホント。
 
家ではパソコンが2台。1台有線で(父親使用)、もう1台は無線LAN 。
ルーターがあったり、バッファローのエアーステーションがあったり、
何だか知らないけど配線がゴチャゴチャしていて、すっごい面倒。

メールの設定を終えて、大事なところにメルアド変更済ませて…。
はぁ~…疲れた。

「今までよりも月々1400円近く違いますよ」
に乗せられちゃった。
そういうセールス電話はずっと断ってきたんだけど。

ルーさんのご飯、ランクアップしたからね。
その他で節約するんだよ。





リンダがお空の人となってしまって、もうすぐ3ヶ月。
8年前にはカウンセリング、ヒプノセラピー、etc…を受けて、
人間として完全復帰するまで1年以上掛かったペットロスの時を思うと、
今の自分の状態はまさに奇跡です。
それは、リンダが私の為に細かいところまで全部配慮していって
くれたとしか思えないような事…あれやこれや…のお陰です。

それでも”リンダの姿がない”という寂しさは、日を追うごとに大きくなって、
夜になると涙が出て悲しくてどうしようもなく…。

先月、自然の力をお借りしようとフラワーエッセンスを注文しました。
今回ルルの悲しみ(リンダが居なくなった悲しみ)に有効だったのは
バッチフラワーのレスキューレメディでしたが、私は自分の状況でエッセンスを
ブレンドしてもらえるオーストラリアン・ブッシュ・フラワーエッセンスを
ヒュンレンさんと言う方にお願いし、
リンダを亡くした痛みを乗り越え、リンダを感じることができる処方箋で
作って頂きました。


2008_05280012.jpg

黄色いのがバッチフラワー。チューブはクリームタイプ。
真ん中がオーストラリアン・ブッシュ・フラワーエッセンス。



だいたい今日で1ヶ月経過。全部きれいに飲み切りました。
うん。とても良いと思います♪

8年前に姉が私のことを心配してくれて、バッチのフラワーエッセンスを
何種類か私に送ってくれたことがあったのですが、当時の私は
(お花から抽出されたもの?こんなもので悲しみが癒せるわけないよ!)
と、まるで信用せず、せっかくのプレゼントを一度も使用することなく
終ってしまったことがありました。

藁にもすがる思いで使ってみたら、もっと早くに脱出できたかも
しれないな…って思うのですが、あの苦しみを長く経験することも
あの時には必要だったのかもしれません。
いや…”かも”じゃなくて、絶対必要だったんでしょう。


2008_05280013.jpg

かつてリンダ用、ルル用にも使った事がありました。


自然の力って凄いと思います。

ルル様、昨日の朝から下痢ピーです。
しかも新しいフードはもう嫌だって、見向きもしない…
便を何とかしたいので、昨夜は生鮭があったので
野菜と煮て、オジヤにして食べさせました。

高級フードは体に合わないかね?ルル。


2008_06070030.jpg




ルルがひとりになってしまったので、これまでの大袋だと使いきれないし、
半分のサイズもあることはあるけど、これを機会にフードを変えてみようか…
なんて考えて、いろいろと詳しい犬友さんに相談してみたところ、
株式会社ワンフーと言うところのフードが良いみたいだよ…と教えて頂いた。

後、昔から気になってはいたけど高くて使えなかった、吉岡油料さんのフード。

HPを見たらどちらの会社もトライアルで1500円という商品があったので
先日注文をしてみた。

…で。昨日届いた。

吉岡油料さんからの品物は、こんなに可愛い箱に入って
1㎏入りフードが2袋。500g入りフレークフードが1袋。
サプリメントが1袋。オヤツが1袋。
たぶん全部で5000円近く…。凄っ!大盤振る舞い!


2008_06070002.jpg

この中に美味しいものがあるとも知らずボールに熱中


ここのフードはベースになる食材がいろいろと選べて
その子の為の配合をしてくれるというところが魅力。
例えば、日本犬の血が入っている子は年をとって痴呆になる子が
結構いたりするから、魚を摂取してた方が良いのかな…なんて
思うと、タンパク質を魚にすることが出来たりする。


2008_06070006.jpg

お…ようやく気がついたようだ。


各ラベルに「○○ルル様」って書いてある!ビックリしたなぁ。
こんなの食べる子は「様」扱いなのか…ふーん。

開封してみたら、美味しそうな匂い!
今まで使ってたフードは一体何よ?って思った。
値段の違い…まず匂いとフードの見た目で納得。


2008_06070009 (2)

何だか恐縮してる感じだね、ルルの顔。


ワンフーのトライアルは200gが3袋。ちょっと割高になるかな、トライアルの方が。
ここのフードは何㎏入りを購入しても確か200g入りで小袋分けされているので、
ルルの場合は1袋使い切りになるので、それが魅力。
漢方食材が配合されているから、他にサプリメントを足す必要がないみたいな…。
サプリメントっていろいろ足すと結構するから、本当にそういうのが
必要ないとしたら、この値段でも良いかな…なんて思うんだけど。


2008_06070021.jpg


まだ開封していないので、どんな感じかは分らない。
それにしても、本当に良い値段する。その分価値があるんだろうけど。
こういうフードをずっと食べさせていたら、リンダは病気にならなかっただろうか…
そんな事が頭をよぎって胸が痛い。
でも、大きい子ふたりでは、とても使い切れなかっただろうな…。
貧乏な飼い主でごめんなさい。


昨日、ルルはちょっと心配な事があって病院に行きました。
心配したことはない…と言う事だったから安心したけど。
せっかく病院に来たので、爪でも切ってもらうか…とお願いした。
もう伸び切ってたんだもの。
ここの先生上手!泣き叫んで暴れるルルをトリマーさんと2人で
前足と後足を手分けしてサッサと切ってくれた。
前の病院じゃ、助手と私で抑えつけて、先生が切ってたもんね。
いつも3人か4人掛かりで汗だくだったよ。


2008_06070024.jpg

切る前の爪を写真に撮っておけば良かった。

今朝は早起きして散歩に行ったから睡眠時間がいつもよりも少ないのね。
リンダのベッドと両方使って気持ち良さそうに寝ています。


2008_06070026.jpg


横から見た寝顔。



2008_06070028.jpg


正面から見た寝顔。
何か、笑えるなぁ~。

2008_05210002.jpg


8年くらい前からお香を焚くのが好きになって、だいたい毎日火をつける。
リンダの祭壇にも今までのお香をそのまま使っていたけれど、
もしかして、人間の仏壇にあるようなお線香を使うべきなのかな…
って思って、49日を迎える日に昔から知っている仏壇屋さんに
買いに出掛けた。

聞いてみたら、私の使っていたお香でも全くかまわないんだそう…。

「お香を焚くっていうのは、”その場を浄化する”という意味と、
”仏様になった方への想いを香りに乗せて届ける”…って言う意味が
あるんですよ。」

とお店のお兄さんに教えて頂いた。
そこにはお釈迦さまとお弟子さんの話があって、
そんな話も教えてくれた。

お線香は何本立てたら良いのだろう…
といつも疑問に思っていたのでついでに聞いてみたら、

「宗派によっても1本だったりとか3本だったりとか違うけど、
想いを届けたい相手が決まっていれば1本で良いんですよ。」

そうなんだ…。
この日はリンダ用に短めのお線香をひと箱買って、
今は毎朝お線香を2本立てている。
1本は私からリンダに。
もう1本はルルからリンダに。

「リンダ、愛してるよ。大好きだよ。ありがとうね。」

私たちの変わらぬ想いを香りに乗せて、毎日手を合わす。

2度目の月命日を迎えても、まだリンダの事が書けないです。





もう片付けられないかもしれない…と泣きたいような気持ちを乗り越え
今日ようやく全部綺麗に片付けることができました。
気持ちの良い部屋、気持ちの良い空間になって、
ほら、気持ちの良い空気が流れてる…
ああああ…すごぉーーい嬉しいぃ~♪


2008_06030002.jpg


昨年お肉屋さんのおばさんから頂いたバラが今年は3倍の大きさになって
昨日まで蕾だったのに今日いっきに開いた。
もらった時は純白だったのに、薄っすらと紫色になってる。
綺麗だなぁ~。来年はもっと咲いてくれるかな。


2008_06030006.jpg


綺麗に出来たご褒美に、ラジャさんから頂いた大好物の「コナコーヒー」を
自分だけの為に入れていっぷく…。
気持ちの良い部屋を眺めて満足しながら美味しいコナコーヒーを
頂くなんて、贅沢な時間だなと思う。


今日は久し振りに『イル・コーヴォー』に食事に出掛けました。
リンダを連れて家族でよく食べに出掛けたお店です。
今日はルルだけ…。


DSCF3034.jpg


「あれ、今日はリンダは?」
開口一番、オーナーさんが聞く。
(そうだよね、当然聞くよね)


DSCF3030_edited-1.jpg


「リンダは亡くなりました。」
そういうと目をまん丸にして驚いていた。


DSCF3032.jpg


こちらのオーナーさんもかつて5歳になっていた♂のシェパードの
里親になり、12歳で癌で亡くなるまで可愛がられたそうで、
リンダが初めてこちらのお店に行くようになってから、
『大人しいシェパードだね』、とか『良い子だね』、と言って
よく褒めて頂いた。


DSCF3036.jpg


リンダがいた頃はこういう場所に来ても落ち着かなかったルルが、
リンダが向こうに行ってから、急に落ち着いちゃって
これからはどんどんこういうお出掛けに連れて行ってあげられるかな…
なんて思っているんだ。


DSCF3040_edited-1.jpg


ルルもそのうちリンちゃんみたいに皆に褒められるお利口さんになるのかな。
でも、お利口な子になんてならなくて全然良いんだよ、ルル。
私はリンダにもルルにもそんな事は望んでいなかったからね。


DSCF3038.jpg


あんた達が毎日元気で、もっともっと幸せな子になりますように…って
ただそれだけだったんだから。
だから、これからも私の望みはそれだけだよ。


DSCF3031.jpg


分ったね?



最新記事