今日はバズちゃん一家が遊びに来てくれました!

”ドッグカフェ キャンディー”さんで待ち合わせて、まずは腹ごしらえ♪
バズちゃん一家とはどれくらい振り…?
確か最後に会ったのは”ランチのしっぽ”さん以来です。

バズちゃんとルルは2度目。
ビッグワンパーティー以来だから2年振りの再会です。


2009_04280001 (2)


今日のお山はバズちゃんとルルの貸し切り!
ヤッポー♪


2009_04280002 (2)


それ行け!それ行けぇ~~っ!

だけど間もなくバズちゃんは休憩に入り…


2009_04280005 (2)


ルーさん、ガックシ…。
だけど、バズちゃんは長旅で疲れちゃたんです。


2009_04280008.jpg


なかなか相性の良い遊び相手が見つからないルルですが


2009_04280010.jpg


バズちゃんとは良ぃ~い感じです♪
ルルは久し振りにお山を思いっきり走り回って、本当に楽しそうだったなぁ~♪
9歳半とは思えない走りっぷり。


2009_04280017.jpg


ばずママさんが手作りの美味しいクッキーをお土産に下さったので、
(私が食べてもとっても美味しいクッキーなのです♪)
帰宅してすぐにリンダにお供えし…


2009_04280016.jpg


その後、ルルが頂きました。
ご馳走さまでした♪

バズちゃん、とても楽しい一日をありがとうございました!
また、是非ルルと遊んで下さいね。
今度会えるのは秋・冬になってからかな?
楽しみに待って居ます♪
スポンサーサイト

《香りの良いお花で》
《開花期間が長く》
《鉢植えにして、室内で楽しめるもの》

この3つを満たすものをずーっと探していました。
リンダの傍に置いておく為のお花です。

香りの良いお花で私が好きなのは、クチナシとか水仙なのですが、
開花期間が短すぎるので、却下。

ラベンダーはすぐに思いついたのですが、高温多湿を嫌うラベンダーは
これまでにも室内に置いてダメにし、地植えにしてダメにし…
家では管理が難しい…と諦めていたのです。


2009_04220019.jpg


ところが、ネットで色々と探してみたら、”長崎ラベンダー”と言う品種を発見!
これが耐暑性のラベンダーなのだそうです。
我が家の暑さに耐えられるかどうか分りませんが、今までの品種よりは
いけそうな気がします。
おまけに開花期間が長く、しかも春と秋の2度咲きなんですって♪


2009_04220026.jpg


リンダの祭壇はリビングなのですが、お骨は私の部屋にあるので、
リビングに1つと私の部屋に1つ置きました。
リンダに喜んでもらえるように大切に育てたいと思います。
ちょっと不安はありますが…。


2009_04220029.jpg


昨日届いた5号ポット。
”リンちゃんのラベンダー”です。


(夏になったら夜香木も欲しいと思っています。
この木も良い香りがして、奇数月に咲いてくれるので楽しいんですよね。)

家の母親は歩くのが嫌いな人。
…なので今日は車に母とルルを乗せてお山に行って来ました。

あまりに美しすぎて…今日もまたツツジの画像が続きます。


2009_04220004.jpg


右側の赤系のツツジが咲き終わる頃に
左側の薄ピンクのツツジが満開になります。
同時期に満開になれば良いのにな…なんて毎年思っていたけれど、
時期がずれるのは、来てくれる人をガッカリさせない為のツツジの思いやり…
だったりしてね。


2009_04220005.jpg


この画像の一番奥側はツツジのトンネルになっています。
見事ですよ!

今年は開花が早くてゴールデンウィークまではもたないかもしれません。
週末はお天気が悪いみたいなので、ツツジの花のピークは
今日明日まで…という感じです。


2009_04220011.jpg


どうですか、この赤色!


2009_04220012.jpg


ツツジの中で可愛いプードルちゃんと♪


2009_04220013.jpg


自然の美しさは言葉では表現できないですね。
ハー…何て綺麗なの…。
ただ、もう溜め息ばかり。

最近、
「こりゃー、ちょっとヤバイでしょ、アタシ…。」
って思うくらい体力が落ちてるし、体もガッチガチに硬い。

なので、
「今日は、ルルを連れないで山まで歩こう!」
と言うわけで、今日は早朝に一人で山まで歩き、
朝食後にルルを連れて歩き、夕方は父親とルルと一緒に歩き…。
計、3往復したんです。
凄いことですよ、山まで3往復ってことは。
ルルと一緒だと、5m歩くまでにどんだけ止まるか分らないほど
寄り道が多くて、私の運動に全然ならないんだもの。

体も恐ろしく硬いから、毎日少しずつ頑張ろうと思ってます。
ストレッチとかヨガで…。


さて、
明日は天気が崩れるらしいので、ツツジが雨に叩かれる前に
写真を撮ってきました。
美しいお山をちょっとだけ紹介してみたいと思います。

ボタン桜の咲く坂道を登りきるとこのツツジが出迎えてくれます。
その先には池もあり、ツツジ祭りにはそこで野だても行われるんですよ。


2009_04200020.jpg


私の大好きな散歩道はここ♪
右手にはゴルフ場、左手にはこの景色が広がります。


2009_04200003.jpg


この小道を歩いていると、ちょっと神秘的な世界に入ったような気持ちになります。
正面の大きな木は桜の木です。
今年、本当に見事な花を咲かせて楽しませてくれました。
この木々の中を通る度に話しかけています。
何か、話しができるんじゃないか…と思わせるような魅力的な木々たちなんです。


2009_04200006.jpg


どの木も話しかけてきそうな気がしませんか?
木々の間から見える景色も最高です。


2009_04200008.jpg


この小道を抜けると広場が広がります。
リンダとルルが追いかけっこをして遊んだ場所です。


2009_04200009 (2)


誰も居ない時に、ここで瞑想できたら最高だと思います。


2009_04200012.jpg


さっきの広場からグーーッと登った所からの景色です。
安いカメラだからとても画質が悪いです。
実際の色は説明できない美しさです。


2009_04200015.jpg


どこから見ても本当に美しいお山なんです。
だけど、放置ウンチが絶えなくて、それがもの凄い残念。


今日も良いお天気でした。
ルルをシャンプーしよう、しようと思っているけど、
天気予報と仕事の都合が合わなくて、延び延び…。

洗っても火曜日あたりからまた雨だとか言ってるし。

それじゃー、今日は狂犬病の注射に連れて行くかな…と言う事で、
午前中は存分にお散歩を楽しんでもらいました。

存分に…とは言っても、このところのお山は連日観光客でごった返していて、
ゆっくりのんびり遊べないんですよね。
自慢のお山は、1月から椿で楽しめ、3月はソメイヨシノとしだれ桜、
4月5月はボタン桜とつつじ。
オールシーズン、テッペンに登れば絶景でしょーっ!
もう最高に素敵なお山なんです♪
(しかも家から歩いて行ける)


2009_04180024.jpg


ルルは観光バスで来た、シルバーご一行様に、またしても人気で…。
(今度こそ、食べ物を出されたら上手に断るのだ!)と構えていたら、
今回は褒めて撫でてくれただけで終わったので、良かったです。
ルルは残念そうだったけど。

午後から病院に行って…
待合室でガタガタ震えて、ellsは助けてくれないと知ってるもんで、
他の飼い主さん達の膝に両手を乗せて、
「おばちゃん、助けて、助けて!」と訴えて回ってましたよ。
(こういう犬っていないですよね?)


99-04-19_20-23~00
(夜8時20分 携帯カメラにて撮影)間接照明だけの部屋だから暗いんです。


はい!無事終了!


長い間、ご心配をお掛けしていましたが、ells すっかり元気溌剌でおります。
時期を同じくしてネットに繋げない状態もあったり…で、放置状態が続いてしまいました。
(…って、いつもだけど。フフ…)

鍵コメを頂いた皆さんにはダイレクトメールをさせて頂きましたが、
ちゃんと届いているでしょうか…?
(届いていなかったらコソッと教えてくださいね。)

記録しておきたいので、しばらくの間、遡っての日記が続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2009_04070031.jpg


リンダの命日に、たくさんのお花を頂きました。
たくさんのお花に囲まれてリンダの顔が見えないくらい。
私や母以外の人たちがリンダの命日を覚えていてくれるなんて
それは本当に感激で胸が熱くなります。

「リンダちゃんはカザブランカのイメージなの」…
と、偶然にも同じ事を言って下さった方がふたり居て、
(そうでしょ、そうでしょぉ~~、絶対そうでしょうぉ~っ?!)ってさ、
口には出さないけど、
親バカ女は、いと嬉しき心地なり…でしたよ♪ぐふっ♪

左の花瓶の花もカサブランカの蕾で一杯なんですよ。


「じゃあ、アタシは何のイメージ?」

2009_04070040.jpg

おっ!そうだねぇ~。
ルルはタンポポだよ。
元気で、可愛くて、生命力に満ち溢れているイメージ!
ピッタシだと思うけど…どぉ?


もうすぐリンダの命日が来ます。
実はもうフラッシュバックが始まっていて、苦しんでいます。
今年は母の事があったり、他にもやらねばならない宿題が
たくさんあるので、フラッシュバックが来ないんじゃないかと思っていましたが…。

ステファニーの時だって7年間くらいこれで苦しんだんだもの。
無いわけがない。

ここからどうにも逃げられないわけだから、逃げようとしないで
十分この辛さと苦しさを味わう他に手はないんだろうと思っています。

でも…

あの時、この時の後悔や辛さ、悲しみ…その他諸々の感情が
鮮明な映像と共に甦るんです。
もう一度再生されるんです。

ここから抜け出す唯一の方法は
リンダと話しをするか、向こうに行くか。
それ以外ないです。

リンちゃん、ヘルプ・ミーです。