上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の後半から週に3日間だけですが、お勤めが決まりました。
(先日の面接、”一応合格”)
なぜに”一応”かと申しますと、私には勤まらないんじゃないか…と、
踏んでいるようでしてね。
トライアル1週間を設けられたのでございますよ。

自分でも認める”体力なし、筋力なし”だからね~。

でも何としてでも辞めるわけにはいかないのです。
踏ん張らなければ…。


お勤め先周辺は、食事処もコンビニもないので、
お弁当を持参しなければならなくなり、
気に入ったお弁当箱と風呂敷を買わねばっ!!!と、いう事で
こんな可愛いものを探して来ましたよ。


s-20110831 001


赤い唐草模様の風呂敷♪
凄い可愛いんですけど、これ♪^^
やだ、嬉しいぃ~~♪


s-20110831 004


お弁当箱は、おにぎり用弁当箱。
この雰囲気に一目惚れ♪
上におにぎりが3つ入って、下はおかず入れになっています。
お揃いのお箸も一緒です。

今時のお弁当箱はやたら小さくて、大食いの私にはとてもじゃないけど
量が足らないわけです。
だから、おにぎりを3つくらい持たないとね。

9月後半から10月一杯はギッシリの予定で、体が持つかどうかが
危ぶまれるのですが、何とか乗り切りたいと思います。


スポンサーサイト

s-20110825 003


いっきに増えたエッセンシャルオイルと
ようやく購入したアロマディフューザー。

アロマの世界では精油貧乏っていう言葉があるらしいですが、
よく分かりますわ。

右側のピンクの電気が点灯しているやつは電池式。
ビジネスホテルに泊まるのに、この携帯のアロマディフューザーは
とっても重宝するんです♪

これにジュニパーの精油を入れてホテルの部屋で焚くと、部屋が浄化されます。
(いろんな意味で浄化してくれるのでホテル泊まりも安心です。)

もうアロマのない生活には戻れない…。

さて明日から一泊2日で東京です。
お仕事頑張って来ま~す。



昨年に続き、今年も全く不作のゴーヤ。
今年は肥料を何度か与えたり、何かとこまめに面倒を見たんだが…(兄が…ね)。
私は水やり係り。

先月初めてのゴーヤが出来た時、
収穫しても良いかと兄に尋ねたら、「まだもう少し置いておきな」と言う。
確かに売っているものと比べたら、ずっと小さかったけど…。

数日後、朝カーテンを開けたらビックリ。
丁度目の高さにあったゴーヤが爆発してて、中からアッカンベーをするように
真っ赤な種をダランと垂らしていた。
かなりグロっぽくて驚いた。

兄に話したら、「その赤いのも食えるらしいよ」…って。…(無理です。)
自分の家でもゴーヤを一生懸命育てている兄ですが、
ゴーヤは一度も食べたことがないっていうのがこれまた驚きで…。
まぁ、私もゴーヤデビューはここ数年ですけど。


s-20110823初収穫 001


このゴーヤも食べられそうなのは手前側のだけ。
もう来年はベランダで何かを育てるのは止めようっと。


s-20110823初収穫 003


記念すべき私のベランダ栽培初収穫のゴーヤは人間のおかずと
ルルのご飯になりました。


s-20110823初収穫 009


野菜嫌いのルルですが、こんなに大きく切ったゴーヤでも残さずに完食。



文章力のない私なので、
たまさんのブログを一部転載させて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パブリックコメントにご協力を!

さっそくですが皆様、
現在、環境省が「動物の愛護及び管理に関する法律」の見直しにあたり、
動物取扱業の適正化に関するパブリックコメントを募集しているのをご存知ですか?

・環境省 報道発表資料

この法律は平成11年から5年ごとに見直しが行われているのですが、
『 One Action for Animals 』さんによると、例えば前回の5年前のパブコメでは
「8週齢未満の子犬子猫の販売を禁止する」という案に対して
反対9500票、賛成200票という結果で見送られています。
これは案が通ると都合の悪い業者による組織票が働いたものと考えられます。

今回も同様のことが起きると、また5年間、日本の動物愛護は停滞してしまいます。
この貴重な機会に、皆さんも国に意見を送ってみませんか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓こちらのサイトでも分かりやすく説明がされています。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 犬と猫と人間のはなし。


もういい加減、動物に優しい国になっても良いんじゃないの?日本もさ。
締め切りは8月27日!もうわずかです。
皆さんのご協力をお願いします。





昨年、ルルの右後肢のところにポツンとシコリみたいなものを見つけて
驚いて病院に連れて行ったのが10月17日。
「多分心配の要らないものだから様子を見ましょう」と言うことで
様子を見ていたのだけど、大きくなるのが早くて、アレヨアレヨという間に
探さなくてもすぐにどこにあるかが分かるくらいになっちゃって…。
(まだどんどん大きくなるのかな…参ったな…)
と思っていたら、先日小さな穴(たぶん毛穴)からプチッと膿みたいなものが
出ていたので、恐る恐る出してみたら、中から汚くて臭いものが出てきた!
腐った脂のようなニオイ…ということは、これはイボとかでもなく、
ニキビみたいなもの?
大丈夫そうだと思ったので、ギューギューと押し出してみたら、出てくるわ出てくるわ…。

最初のうちは黒かったものが最後には白いラードのようなものが出て終了。
一応、取ったもの全部持って先生に見てもらいに行ったら、
「のう胞の一種です。」と言われました。
また出来る可能性のあるものだけど、とにかく良かった、良かった!


それと今回はもうひとつ。


この夏に気づいたのですが、
ルルの鼻の付け根(?)辺りのところに何だか黒いカサブタみたいなものが出来てしまって、
(いつからこんなものが…。)


s-20110820老化現象の鼻 001


こういうカサブタ系を見ると、どうしても全部剥がしたい衝動にかられるんだけど、
(デキモノは潰したい、カサブタは剥がしたい…)
剥がしたが最後、ルルの鼻が可笑しなことになったら大変なので、
これもついでに診て頂きました。

行く前にネットで調べてみたところ、こういう状態になるのって
老犬に多い、イワユル老化現象か、コリーノーズと言う病気。


●犬のコリーノーズ(日光性皮膚炎)

日光性皮膚炎は鼻の病気ではありませんが、
夏の暑い日差しによって鼻周辺の皮膚に異常が起こる状態をいいます。
皮膚の病気とはいえ、ひどくなると鼻が崩れてしまうこともあります。

(酷くなると鼻が崩れるって…そんな…)

だけど、これはコリーとかシェルティーに多い遺伝性疾患だから、
多分違うだろうと思いながらも、ちょっとドキドキ。
老化現象で鼻の水分が抜けて地割れのような鼻になってしまうのも嫌だけど。

で、結果は、

「これ、老化現象!」と、プッとひと言噴出されて診察終了。

良かったのは、これの為に薬が何も出なかったこと♪
保湿の為に安全なオイルかクリームを塗っておいて様子をみたいと思います。

ルルは若く見えるってよく言われるけど、今年に入ってから
目の白濁やら鼻のカサブタ化やら…老化現象がポツポツと見られるようになりました。

もっともっと大事にしてあげなきゃなぁ~と思う今日この頃です。


s-20110820老化現象の鼻 004


お鼻にカサブタが出来てても、ルーさんは可愛いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ARKさんが今回被災にあった動物たちに支援の手を差し伸べてくれています。
いろいろな動物保護活動をされている団体がある中、私もアークさんは信用しています。

東北地方太平洋沖地震で家を失った被災動物たちに支援の手を | アニマルレフュジ関西
    ↓
関西アーク ARK

【緊急募集】 震災で保護される動物の一時預かり東京アーク   



今日は花火大会。
午後8時から始まり、9時15分前くらいから
フィナーレでガンガン上がる。
花火嫌いの犬にとっては、たまらない1時間です。

花火についてはだいぶ克服をした、うちのルーさんですが、
それでも、こういう時はソワソワ、ドキドキ落ち着かない。

でも、ここに入ると安心して過ごせるみたいです。


s-20110810花火大会 005


今年の夏は、雷のときも押入れに入れて。
すっかり定着したルルの避難場所です。


s-20110810花火大会 003


災害時や緊急時の備え、安全地帯の確保、夜遅くまで部屋が明るいとか…
いろんな意味でクレートを用意するべきなのでしょうが、
クレートに入れてしまうと、寝顔と寝姿が見られないから…
と言う、飼い主の物凄い我がままで、家はクレートがありません。

でも、習性として”穴ぐら”は安心できる場所なんですよね。


s-20110810花火大会 007


家の場合、ルルの穴ぐらは母親の部屋の押入れという事で…。

バンバン花火が打ち上げられていても、気持ち良さそうに寝てる♪
凄いね!



自分のやりたかったことを発揮できるかも…!
の、チャンスが到来。
履歴書なんて書くの、いつ振り?
写真屋さん行って、証明写真撮って、
明日は面接です。

はぁ~、緊張するなぁ~。

週に3日働かせてもらえると丁度良いんだけど…。
そふゆふ我がままはダメかしら。




ルーさん、本日は、家の子になって10年。
うちの子記念日10周年なのであります!

3日前はリンダのうちの子記念日でした。


s-うちの子記念日10周年 001


10年の早いこと、早いこと…。


s-うちの子記念日10周年 002


「明日は美味しいものをご馳走してあげる」と
前日から約束していたので、キャンディさんに行って
豚肉ロールと五穀米のワンコ飯を食べてきました。


s-うちの子記念日10周年 004


そして夕方4時からはお散歩。
お山に上ったら昔のワンちゃん仲間5匹と会って、
久し振りのドッグラン状態。

パンチョさんは12歳で♂、ルルより半年くらい上なんだけど
この子の歯の白いことと言ったら!
信じられないくらい全部が純白です。奥歯も!その裏側も!
(この白さは子犬なみです)

やっぱりちゃんと歯磨きしているんだって!
大人しくやらせるから、裏側もキチンと磨けるのだそうです。(ああ、羨ましい)


s-20110806皆と一緒に♪ 007


この子は、家の近所のベンさんです。♂
元祖ベンちゃんが居て、2代目がベンツ(ベン2)、
そして3代目だからベンさん(ベン3)なの。

柴犬とは思えないほど、犬にも人にも懐っこくて
本当に可愛いったらありゃしない♪♪♪
柴犬って可愛いんだけど、こんな風に友好的で愛嬌ふりまく子って
居ないんだよね~。


s-20110806皆と一緒に♪ 001


ベンさんは子犬の時からルルと仲良し♪
親子に見えるね。


s-20110806皆と一緒に♪ 005


ルル、本当に楽しそうだった…
5人の飼い主さんにオヤツをもらい歩く姿が…。(涙)

あんたの楽しみは、皆とかけっこすることじゃないのね。

本当なら夕飯抜きにしたいくらいの気持ちだったけど、
まぁ、今日は目をつぶろう。

記念日だからね。

その代わり


s-20110806皆と一緒に♪ 006


この先もずーっとこの日を一緒にお祝いするって、約束してよね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ARKさんが今回被災にあった動物たちに支援の手を差し伸べてくれています。
いろいろな動物保護活動をされている団体がある中、私もアークさんは信用しています。

東北地方太平洋沖地震で家を失った被災動物たちに支援の手を | アニマルレフュジ関西
    ↓
関西アーク ARK

【緊急募集】 震災で保護される動物の一時預かり東京アーク   



秘かに毎日通っているブロガーさんのところで知った、青い本

(これは買わなくちゃ!)と思って迷わず申し込み、
ドキドキしながら毎日、我が家のポストに入る日を待っていました。

そして今日、届けられたのですが…
包みをひとつひとつ開けていく作業も、勿体ぶって
それはそれは丁寧にゆっくりと行いました。
まるで何かの儀式のように。


s-青い本 001


だって、この本は東日本大震災の復興を願い、義捐金として送る為に
様々なアーティストさんたちが手がけた作品を、一冊に綴じた
優しい思いがギューーッと詰まった宝箱のような本なんです。

全部手作り。


s-青い本 003


どの頁も素敵すぎて、私の中の乙女チックな部分がキャー♪キャー♪って
大騒ぎして、涙がチョチョぎれるくらいの大興奮。

これは宝物だわ♪


s-青い本 005


この本のテーマは「手紙」そして青色。

私もお返事を書きたくなりました。






最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。