本日は2カ月おきの定期検診。

ルルの膝裏のリンパ節あたりにできていた
シコリの成長がいまだに止まらず…。

前の病院で細胞を取って”大丈夫”という結果になっているし、
「悪性の腫瘍ならば今頃ルルはここに居ないから」…と先生は
言うのだけど、まだまだ大きくなり続けているし、
ずっと心配をしっぱなしというのも何だから…。

「もう一度細胞を取ってみるというのは?」という私の質問に
先生は、
「シコリを大きな森と考えると、細胞はその中の木なんです。
ひとつの木から細胞を取ったところで、全体(森)のことは分からない。
だったら、もうこのシコリを全部取ってしまって、そのシコリごと検査に
出した方が良いような気がします。」

うーむ。

「手術して取るのは良いけど、その後の歩行に支障が出るという可能性はないですか?」
という質問に対しては、
「もし、このシコリが筋肉や血管に触っているとしたら、今の段階で
こっちの足だけが冷たいとか、震えがあると思うんだけど、それがないので
大丈夫です。」

そうか…。


先生の説明では、
これは”過形成”と言うものらしいんだよね。

悪い細胞が増殖して出来るのが腫瘍で、通常の細胞が増殖しちゃうのが過形成。


それからね、

ルルの左上の歯肉から歯ブラシが触っただけで、血が出てるし、
痛がるので、殺菌力や炎症に良いと言われているサモアナノヌというものを
塗ったり飲ましたりして、だいぶ良くなっていたんだけど、
今日はついでにその歯肉も見てもらったら、菌が歯根の方に入っていて
それが穴を開けてるって言われてビックリ…。

もしかしたらその歯は抜かなくちゃダメかも…なんて言われて…。(嘘でしょ?)

「これは普通じゃ発見できないですよ。」って言われたけど、
本当にちょっとだけ赤くなってるだけなの。
その歯もとても綺麗なんだよぉ~?!何でぇ~?

今日は殺菌するための外用薬でヨーグリっていう名前の薬を
もらってきたけど、出来れば抜きたくないのよね~。

最悪、抜くことになったら、この足のシコリを取る時に一緒に
やっちゃうことになります。

しかし、ルルも来年は2月で13歳になるので、全身麻酔は嫌だな~…。

命にかかわる病気じゃないので、年が明けたらやってもらう予定ですが、
帰りの車の中で、下痢になりそうな腹痛で…(私が)
今からそんなじゃ、当日どうするねん!


今夜はビワの温灸してあげよ~っと。


スポンサーサイト

s-!cid_71d1a20c56a05fe27f7de90c135ffb76.jpg


で。
ずーっと寝っぱなし。


ルルはここで皆と一緒にご飯やオヤツを食べるのが結構お気に入りだったんだけど、
ここで食べさせるのを結構楽しんでいた人間の数が多くて、
一日のうちに何回上り下りさせていたか分からないくらい。
大きな犬が人間と一緒にテーブルについて食べる様子は、なかなか可愛くて笑えるので
来客にも大ウケで…。

9月だったか、ある時ルルが椅子に上るのをためらった時があって、
(これはイカン!)…と椅子に座らせるのをやめさせることにした。

そこで、また必要なのがルル用の食事テーブル。
とりあえず自分で作ってみた。

…と言うか、出来あいのものを組み合わせてみただけ。

ねぇ、ねぇ、
何と何を組み合わせたと思います?


s-DSC01301.jpg


答えは、
お風呂用の椅子とトレーです。

椅子を何個か重ねて、ちょうど食べやすい高さに調節可能。
(ルルの場合2つで良い感じ)
トレーは接着してしまおうかと思ったけど、清潔さを考えると
毎日洗えた方が良いので、このまま。
だから、食事中に動かないように滑り止め(茶色いの)を置いています。


s-DSC01303.jpg


順番に重ねるだけ。


s-DSC01306.jpg


400円で出来ちゃった。
(全部ダイソーの100均)



ここのところ、何だか内側でグズグズ面白くない虫が騒ぐ。
何だかなぁ~…もう2012年も終わりだって言うのに…。

今日、池の周りにズラリと甲羅干しをしている亀が見えたので、
ルルと近くまで見に行き、撮った一枚。


s-SkitchImage0_20121113005956.jpg


(つべこべ言わず、頭で考えず、
スッと光の中に入っちゃえば良いのさ。 ほら、こんな風に…。)


なるほど…。

答えが出そうです。
ルル先生、ありがとうございました。


11月3日に東京西葛西にあるレッツの運動会に行ってきました。
私は昨年に引き続き、マッサージのコーナーを担当。
昨年は初めてだったこともあり、体験したい人が来なかったらどうしようかと
ドキドキしたのですが、一つ年を取るとずうずうしくなるもので、
それもヘッチャラになるんですね。

1回が25分枠で定員6名様を5回。
当日はとても寒かったこともあり、会場に来る方々のスタートが遅れ、
第一回目のマッサージ体験はゼロ。お隣のヨガの体験もお二人。
なので、お隣のヨガの様子を見ながらひとりでヨガを体験したりして余裕…。

でも、お陰さまで残りの4回は全部定員に達したので、ホッとしました。

この運動会は、レッツに通って来ているワンちゃんとそのご家族限定なのですが、
会場となる公園には、シートやテントまで持ってきて、1匹のワンちゃんに
ご家族全員が参加するお家まであったりして、本当に人間の子供の運動会と
同じようです。

レッツには子犬から老犬までの年齢幅広く、身体的にハンディのある子も
居ますが、その子たちが全て同じ競技に参加します。
白内障で目があまり見えない老犬が飼い主さんと一緒に走る。
車いすの子が嬉しそうに飼い主さんと走る。

ハンディがあって可哀相?年を取っていて可哀相?
多分、この運動会を見たら、そういう言葉は絶対に出てこないと思います。

犬も飼い主さんも本当にイキイキとして楽しそう!

早朝に出掛けて行って帰宅も夜遅くなり、おばさんの体には少々キツイのですが、
この風景を見ると凄く幸せな気持ちになれるんですよね。
だから、来年も絶対に参加です!


s-Desktop6.jpg



柴犬のおチビが帰って約10日。途中4泊5日で来客もあったりしたので、
昨日あたりからようやく通常通りのペースが戻って来たルルと私です。

今日は久し振りにルルの大好きな奥様を誘ってお山に登って来ました。


s-DSC01207.jpg
(おばちゃん、大好き♪)


s-DSC01208.jpg
(ねー、おばちゃん。ルル、走ってくるから見てて!)


s-DSC01210.jpg
(うひゃひゃひゃーっ♪ ねー!おばちゃん、見てる?見てるぅ~?)


s-DSC01212 (2)
(うりゃーーーっ!!! 弾丸の走りぃーーっ!!!)


この画像、どんな風に映っているのか拡大してみたら…

              拡大画像
              ↓ ↓ ↓ 


s-DSC01212.jpg


笑った…。

でも。
空中に浮いてるルルって凄い感じがする。
そして。
来年2月で13歳になる走りだと思うと実に感動する。




2週間のお預かりを1週間早めてお帰り頂きました、おチビです。


s-DSC01119.jpg


8日の間、ルルはとうとうおチビと仲良くなれずに終わりました。
子猫の時には自分から積極的に近ずいていったのにな…。

大人しく甘えてくるようなおチビだったら良かったのかも。
超可愛いのに、ヤンチャが過ぎるんだもんね~。

唯一撮れた貴重なツーショット。


s-DSC01115.jpg


目をそらしているルルに対して、目を合わせようとする強気なチビ。
カーミングシグナルって、生まれつき備えているわけじゃないのね???
それとも、知った上での行動なのかしら…。
日本犬だからありえるかーー。

うーん。でも、おチビのお陰で日本犬の魅力が分かった。
柴犬にはまる人の気持ち、納得です。

いつか、また会いましょう、おチビちゃん♪
幸せな人生を送るんだよ☆