上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「貴女が好きだと言ってくれたので、送ります。」
と、手紙が添えられて大島に居る親戚のおばさんからクチナシの花が届きました。
クチナシの季節になると毎年ダンボールを埋め尽くす程のクチナシの切花を送ってくれるのです。

少し花びらが開き始めた姿はなんとなくチューリップに似ていて可愛らしく
純白の花びら、艶のある美しい葉、そして何より、この香り…♪♪♪

2007_07120003.jpg

この香りをお届けできないのが残念です。

水仙とクチナシの香りは、そりゃもぉ~たまらなく好きなんです!
花は大概一重咲きが好きなのですが、なぜかクチナシの花は
八重咲きが好きです。


純白に咲いているのもほんのわずか。
後2日もすれば黄色く変色してしまいます。
ですが、香りだけは散るまで甘い香りを漂わせます。
花の命は短いけど、最後まで良い香りを残しながら
散れるなんて、考えてみれば凄いことです。

人間の命だって宇宙規模で考えれば花と変わらないくらい
儚いのに、年を取れば加齢臭を漂わせ…
花とは偉い違いです。

花は他の花がいつどんな風に咲こうと、いちいち気にすることもなく
”自分がいかに咲ききるか”だけに集中する。
他の花に意地悪したり、陰口言ったり、仲間はずれにして
喜んだりもしない。
芽を出し、蕾を付け、開花させ、散った後は種を作る。
淡々と自分のやるべきことを行い、それでいて見る人の心を和ませる。

人も、もっと淡々と生きていくことができたら、
心に精霊が宿ってくれるかも…?
まぁ、それは無理だとしても、心の中から悪臭を
漂わせない年の重ね方をしたいとは思っているんですよ。
蓋をして隠したようでも臭いは漏れてきますからね。


連日の雨で、窓を開ける事ができず、私の部屋は
この方々のニオイでモァ~~っとしています。

2007_07120010.jpg

このニオイもお届けできないのが残念です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    毎日こうもジメジメした天気が続くと
    空気の入れ替えができなくて、絨毯からモア~~って
    ニオイが上がってくるような感じなの。

    ところで、雄と雌ではやっぱりニオイが違ったり
    するんでしょうかね?
    ちょっと興味ありますね。
    これは同犬種でなければ検証できませんけど。

    臭いものフェチかぁ~。
    そう言われれば、私は小さい時からストーブを付けたり消したり
    した時のニオイが好きで、皆から「おかしいんじゃない?」
    と横目で見られましたよ。

    ( 21:56 )

  2. あきこ | -

    ホント、花のような生き方がしたいですよね。
    無欲だから綺麗なのかなぁ…。


    うちの息子達の匂いも負けてないよ~
    なにしろ、男臭い(爆)

    でも、嫌いじゃない…です(笑)
    私って、臭いものフェチだったのかな
    (ヤベっ カミングアウトしちゃった!)


    ( 07:52 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。