上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事に向う山道で、この夏から見かけていた猫3兄弟でした。
親らしき猫の後をちいちゃな猫3匹がチョコチョコとついて歩いていたんです。
「車に轢かれないように気をつけて!」
「頑張って生き抜いて!」と声を掛けることしか出来ないでいた私です。

毎日会うわけではなかったけれど、見かける度に大きくなり
狭い道に飛び出してくる様子にヒヤヒヤしだし、
仕事場への行き帰りに(車に轢かれて死んでいたらどうしよう…)と
言う思いが増してきて、とうとう保護することに決心したのです。

犬や猫を保護して下さる方は、こんなに長い時間を置かないで
即行動に移す方がほとんどだと思います。
そういう方達は本当に凄い愛と勇気の持ち主なんだと思います。

今考えると、どうしてもっと早くに保護してあげなかったのかと
後悔するのですが、最終的な責任を考えると私には手が出せませんでした。

まず1匹を捕獲し(家に居る♂)、その3日後にもう1匹(♀)を捕獲しました。
運良く雌猫が欲しいと、里親さんがすぐに見つかったので、
引渡しの日まで知り合いの家に預かってもらう事になったのですが、
そこのお宅で逃がしてしまい(29日午前0時頃)、ずっと探して居るのですが
残念ながらまだ見つけることが出来ません。

こんな事なら、あの場所にそのまま置いてあげた方が幸せだったかも
しれないと、胸が痛みます。
幸せにしてあげたいと思ってした事が、あの子を不幸に落とす結果と
なってしまいました。

そして、今朝、たった1匹(♀)で残してきた最後の兄弟猫を捕獲して来ました。
生まれた時から3兄弟寄り添って生きて来たのに、1匹ずつ居なくなり、
一人っきりで過ごした6日間は寂しかっただろうと思います。

この子の6日間と、まだ見つけてあげられない、あの子の事を思うと
本当に切ない気持ちになります。

こんな私が保護しようと決めた猫ちゃんたち。
やはり何か縁があるように思います。
優しい里親さんが見つかるまで、精一杯愛情を注ぐからね。

そして、どうかどうか…
全国の捨て猫たちにも、幸せな縁がありますように…。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    あきこちゃんへ*

    あきこちゃんの優しさはお母さん譲りだったのね。
    動物を愛する親に育てられた子どもは幸せだと思う。


    >自己満足だってわかっちゃいるけど(笑)性分だから諦めましょう、ellsさん。

    そうね、諦めるわ。(笑)


    >私ね、いつか家を犬猫屋敷にしたいのです。
    >(今も、近いものがあるけど)
    >人も犬も猫も皆で幸せに暮らしたいの。

    良いですね♪ でも、今現在も凄く幸せな家庭よね。
    人も犬も猫もみーんな!(そうそう植物もね)

    私の稼ぎも、最低限の支払いと(年金、携帯、電話料金等)
    犬の餌代薬代等で消えていきます。
    さ、私も頑張って働くからねー!

    ( 21:57 )

  2. ells | -

    kaoさんへ*

    kaoさんは猫ちゃんも大好きなんですね♪

    見てしまうと本当に辛いですよね。
    地元の犬猫のボランティアをしている方の話だと、
    一時預かりの子(猫)を50匹も抱えているらしいです。
    とてもじゃないけれど、私はそこまで出来ません。

    どうにかしてあげたいと思っても、一時的な感情で
    引き取ると後でもっと悲惨な思いをする事になるんですよね。

    もう本当に、こういう子を見るのは辛くて嫌です。
    猫の避妊去勢を義務にして欲しいと切に願うのですが。

    ( 21:43 )

  3. あきこ | -

    いろいろ書き込んでます(笑)

    うちは、母が自ら野良猫を保護する人だったので…
    捨てるのも人なら、拾うのも人。
    それなら拾う方の人になりたいです。

    自己満足だってわかっちゃいるけど(笑)性分だから諦めましょう、ellsさん。
    私ね、いつか家を犬猫屋敷にしたいのです。
    (今も、近いものがあるけど)
    人も犬も猫も皆で幸せに暮らしたいの。

    もう、私のバイト代なんて、毛の生えた子供たちのためにあるようなものだもんな…。
    (もちろんなっちゃんもですけど)
    今日も母ちゃん、頑張って働くからなっ!(笑)

    ( 06:45 )

  4. Kao | -

    保護すること

    私、猫も大好きです。
    ランという17歳のニャンも同居しているんですよ。

    なので、草陰から子猫の鳴き声とかが聞こえてきたらドキッとします。
    「連れて帰りたい。保護してあげたい。」衝動にめちゃくちゃかられます。
    でも・・・ウチにはランもルビーもいるし。。。
    悲しいかな、心を鬼にして見ないようにしているんです、いい人に保護してもらえることを祈りながら。。。

    こうして保護を実行しているellsさんには頭が下がります。

    ( 02:21 )

  5. ells | -

    ラジャさん、動物愛護って言われるとね
    「うーーーん…」って感じなんです。
    その言葉は私には当てはまらない。

    安全と毎日のご飯と清潔なお水、暖かい寝床と
    引き換えに、兄弟離れ離れにさせ、自由を奪ったんですからね。

    交通事故にあって亡くなったりした時に、もの凄い
    後悔をすると思ったの。
    だから、自己満足かもしれません。

    ベルも、リンダもルルも、あのまま素通りしなかったのは
    後々後悔するのが嫌だったから。
    やっぱり自己満足なんだろうなー。

    ( 23:10 )

  6. ラジャ | udg4x/Zk

    保護って

    動物愛護って難しいですよね
    人間の自己満足じゃないかって思うこともあり
    でもね
    思わず 行動せずにはいられない
    そういう気持ちが大事なんじゃないでしょうか
    その結果は いろいろであっても
    ellsさん そのままにしておけなかった
    そうなんでしょ?
    その気持ちって生きていく者の
    素直な気持ちだと思います
    素直な自然な気持ち 
    それにうそは無いと思います
    いなくなった子猫も きっとどこかで
    やさしい人に拾われてるかも
    リンちゃんルルちゃんの為にも
    楽しい事を考える明るいellsさんがいいですよ 

    ( 10:26 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。