昨日、今日と母親の病院の付き添いです。
大きい病院って言うのは、この検査が終ったら今度はどこどこに行って、
それが終ったらファイルをここに取りに来て、そしてその次にどこどこに行って…
と、まぁあっちに行ったり、こっちに行ったりとなかなか大変で…。
検査するってだけで胸が一杯だから、一度にいろんな事を指示されても
頭の中に入らないんだよね。
だから付き添い人が必要なんだと思う。
付きそうだけで、検査以外の精神的負担が取り除かれるんだろうから
娘としては気持ち良く行って、優しくしてあげたいと思うんです。

さて。午後の診察までにどこかで食事をしようと言う事になって、
この辺りは確かバズちゃん一家に教えて頂いた「らんちのしっぽ」さんが
あるはず…と方向音痴の自分にドキドキしながら探しました。
(何と珍しくいっぺんで行けましたよ♪)


08-11-27_13-17~00


看板娘のクーちゃんです。
注文した食事が出来る頃になると遊びをやめてテーブルに付きます。^^
私の膝にアゴを乗せてオネダリするところがルルそっくり。

昨日から長時間ひとりの留守番をしているルルにご褒美を買って
あげようと思って、「らんちのしっぽ」特製のワンコパンをお願いしたら、
「リンダちゃんにお供えしてください」と言って下さって、頂いてしまいました。

一度しか来た事がなかったのに、リンダの事を覚えていてくれて
とても嬉しかったです。
きっとバズちゃん一家と一緒だったからですね。


08-11-27_17-10.jpg


リンダにお供えさせて頂きました。
リンちゃん、嬉しいね♪ありがたいね♪


08-11-27_17-15.jpg


その後は、ルルが美味しく頂きました。
ルル待ちきれず、画像がブレブレです。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    ばずママさんへ*

    ばずママさん、こんばんは☆
    病院は疲れますね。家を7時半に出て、帰りは夕方…。ヘトヘトでした。
    運転手兼優しい付き添い(←自分で言う)の居る母は幸せだと思います。
    隣同士になった方は、母より少し若い方でしたが、お子さん、旦那さんを亡くされ、遠方からご自分で運転されて来たのだと仰っていましたから。

    クーちゃん、元気一杯でしたよ!
    お友達のバーニーズ君と走り回っていました。
    でも、食べる時にはテーブルに付きっ切りで。(笑)
    母はクーちゃんの可愛いオネダリに負け、上げたかったみたいですが、やめさせました。

    らんちママさん、仰っていましたよ、
    「10歳の壁を越えるのは…」って。
    寿命って決められているんでしょうかね…。
    超大型犬だって、13、14歳まで生きた子だっているのに。

    ばずパパさんの体調をみて、出掛けてきて下さいませ。
    ゆっくりお話したいです♪

    ( 21:44 )

  2. ばずママ | nEx7PFYA

    お母様、お大事に。

    ellsさんのお母様、大きい病院に行かれたんですね。
    大きい病院は時間がかかるから、元気な人でもかなり疲れますよね。
    ellsさんが付き添ってくれて、きっとお母様は心強かったことでしょう。

    クーちゃん、やっぱりおねだりに来ましたか。
    ルルちゃんも、きっと可愛くおねだりするんですね♪

    リンちゃんはとってもいい子ですし、らんちちゃんと同じ年齢で虹の橋を渡ったから、らんちのママさんの印象に強く残っていたのだと思います。
    「大型犬は十歳の壁が大きいのよねぇ。」と目を赤くして呟いていらっしゃいましたよ。

    ( 23:39 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)