2006_10120009.jpg

病院を頑張ったのでご飯も美味しそうに作りました。

鶏肉、温泉卵、パスタ、カボチャ、人参、ブロッコリー、オリーブオイル
+サプリメント類

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    虎ママさんへ*

    お誕生日おめでとうございます♪
    良い季節に誕生されたんですね。親孝行だわ。私は猛暑の中…。

    年々心配が増えますね、本当。この子たちの加齢の速度をついつい忘れて
    しまうので、頭の隅に常に置いておかなければ…と思うんですけど。
    >でも、人間と違って内臓の内側とかにいろんなもんができにくいそうです、
    >そう皮下とかに出た方が早くわかるから、それはなんかちょっと救いだなって思います。
    >だって、なんかあっても早期発見しやすいってことですものね。

    そうですよね。見つけた時にはビックリしますが、早期発見しやすいってことは救いです。

    睾丸の手術迷っているのですね。体にメスを入れるのって本当にかなりの決心が要りますよね。
    私の親しい友人もミニチュアダックスと一緒に暮らしていて、体長は短いのに
    体重が7.3キロくらいあるんです。年齢は7歳くらいだったかな、やっぱり
    睾丸がひとつ降りてきていないんです。手術は迷っていましたが、ホルモンの関係で
    これ以上太ってしまうことの方が可哀相だということで止めたみたいです。
    この子は前足にハンディがあるので…。
    だから睾丸が悪くなった時に”切る”と言う選択をしたんです。
    私も今までメスしか飼ったことがなかったし、メスの避妊手術は人に勧めるのですが、
    オスで年を取ると前立腺になってしまう子はよく聞きますけど、癌化してしまった子は
    周りに居なかったなー。

    ( 09:24 )

  2. お疲れ様でした、ellsさん、そして、ルルリンちゃんわんこたち。
    私の力でもひねりたおせる犬を飼っている私には、未知の世界の大型犬の世界です。
    獣医さんに幾度に、看護婦さん(犬猫を押さえる方達)の腕の傷を見て、ゾーっとし、本当に好きじゃなきゃやってられないだろうなーと感心し、その優しさに感動します。
    犬って老廃物が皮膚、目、耳、肉球の間から出てくるそうです。そこからしか出ないってことらしいです。
    うちも以前より、耳が汚くなりやすい、私が花粉症の時期は犬も涙と目やにが出やすい。
    足などに、覚えのないポツンとした水泡をよく発見するようになりました。
    現れては、消えたりするんです、水泡。
    でも、人間と違って内臓の内側とかにいろんなもんができにくいそうです、そう皮下とかに出た方が早くわかるから、それはなんかちょっと救いだなって思います。だって、なんかあっても早期発見しやすいってことですものね。
    そう、汗腺もないし、体の中の困ったものの出るとこがないから、最初に皮下に出やすいそうです。
    だんだん、心配が増えますね。
    私は、まだ睾丸摘出の手術に対するふんぎりがつきません。(泣)
    癌化する確率が高確率、とはいえ、癌化した、もしくは、それが原因で亡くなったという話を実は身近で聞いたことがないのです。
    身近の子のほとんどが、老衰に近い形で亡くなっているのです、睾丸がおりてこなかった子(手術しなくてです)も含めて。
    子犬にてんてこまいしてた時代が懐かしいです。
    自分を含め、犬と自分の健康ばかりが気になる最近がちょっとだけわずらわしい。
    そんな私も今日14日で一つ、年を重ねました。

    ( 03:41 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)