昨日、知り合いのおばさんが例の病院に行ったら、受け付けに広島の犬たちへの
寄付に関する報告とお礼が書かれたものが貼り出されてあったそうです。
勿論私の書いたものではなく、そこの病院の奥さんが書かれたものだったようです。
知り合いのおばさんが「お宅では犬も居ないのに、こんな事して偉いねー」
と言ったら、その奥さんは「ええ。」と笑って応えたそうです。
だいたい人間性は見えていたから、この話を聞いても全然驚きもしなかったし、
馬鹿馬鹿しくて腹も立たなかった。

寄付のお金をどうにかしているんじゃないかと思われた事に対して、
寄付して下さった方の名前と金額を公表した事は、自分を守るための、
自分を正当化するためのエゴだ…と思っています。

でも、数人でお金を扱うのならまだしも、たった一人、二人でお金を預かる場合、
「そんな事をするわけないじゃないですか!」と口で言ったところで信じてもらえる
とも思えず、それを公表する以外にどういう方法があるのか考えつかなかったんですよね。

実は、ごく一部の人からはいまだにバッシングが続いています。
ですが、悪意のある人から1銭でもポケットに入れたと一生思われる事の方が
私には耐えられない。
これも自分の蒔いた種ですから、甘んじて受けましょう…と言う思いです。

犬も歩けば棒に当たる…何か行動をすると災難に合うものかもしれませんねー。
でも実際棒に当たってみると、そこから学べることがあったりするのも事実で、
それも悪くないか…なんてね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    ラジャさんへ*

    ラジャさん、こんばんは☆
    うっ…見透かされているようで怖いなー…。
    あの子たちの為に何か動かなければ、ずっと罪悪感が残ってしまいそうでね。
    だから言って見れば自己満足の世界で、ボランティアとか動物愛護とか、
    そんな偉いものではないんですよ。
    いろいろありましたけど、やって良かったと思っています。何か打たれる度に
    いろんな事を学びますね。その後、自分にとって何が大事かもみえて来るみたいです。
    ラジャさんの優しい言葉に感謝です。ありがとうございました。

    ( 21:05 )

  2. ラジャ | udg4x/Zk

    NoTitle

    もうクリスマスなんだわね
    一年が早いです 
    ボランティアって難しいですね
    自己満足でやる!って思っていた方がいいと思います
    ellsさんが ジッとしていられなくて 思わずやり遂げた事
    そうなんでしょ?それでいいじゃないですか
    きっとellsさんの心の中には 少しは役に立てたかなって
    ホンワカ暖かい火が灯っていますよ
    何もしないラジャが言える事ではないんだけど
    でもあの惨状を目にして心が冷えていたとき ellsさんの行動にジワっと心が暖まりましたよ ありがとう

    ( 21:44 [Edit] )

  3. ells | -

    深い…

    あきこちゃん、おはようございます♪

    >『出る杭は打たれる。どうせ打たれるなら、
    >何回でも出られるように真っ直ぐに打たれなさい。』

    凄い深いですねー、この言葉。
    あきこちゃんのお母さん、凄い人ですねー!
    変人なんてとんでもないですぞっ!

    私も真っ直ぐに打たれますよ。良い言葉を教えてくれてどうもありがとう♪

    ( 10:32 )

  4. あきこ | -

    おはようございます!!
    あらあら…例の奥様ったら、底の浅い方ですね(笑)
    むしろ、徹底していた方がマシでしたけどね~。

    私は母にこう言われて育ちましたよ。
    『出る杭は打たれる。どうせ打たれるなら、何回でも出られるように真っ直ぐに打たれなさい。』

    所詮、変人の言葉ですけど(笑)
    何度か助かったような気がする……のです。プフフ


    ( 05:46 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)