上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元でほとんど見かけたことがない木…なので、
我が家のシンボルツリーです。

とにかくサクラの木同様、成長が早いし、花が綺麗なのがとりえで、
枝が弱く、風が強いと簡単にポキッって折れるのが弱点です。

「マロニエの木陰でお茶をしたい」…とずっと言っていた父親の夢は叶い、
今では立派な木陰を提供してくれます。


s-20110520マロニエ-2
(5月20日撮影)

八重桜(マロニエの後ろ側の木)が散った後にマロニエが咲いてくれます。
毎年その時期は雨と風に叩かれて、蕾のまま散ったり、十分に咲ききらないうちに
ダメになることが割と多いのですが、今年は長く楽しませてくれました。


s-20110520マロニエ
(5月20日撮影)

花が散ったマロニエの足元は濃いピンクの絨毯になり、
それもとても綺麗です。

そして、
ここはリンダのお気に入りの休憩場所でもありました。
今でも目に浮かびます。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。