今年姉が帰国したときに、
「ルルには関節のサプリを何か飲ませている?」と、
滞在中に2度も言われたこともあり、関節のサプリメントを
何か探してみるかな…と思っていた矢先、
半端じゃなく犬に関しての知識がある、ある方から
このサプリメントを薦められました。
今日届いたので早速今夜から使用予定です。


s-001_20110605201003.jpg


すでに関節に痛みや炎症がある場合には、
また違うサプリメントになるのだと思いますが、
ルルの場合、今のところ関節に異常があるわけでもなく、
動きも機敏、可動域も以前と変わらず…なので、
とにかくこれを極力キープしていきたい。

「サイダービネガーは夏バテにも良いんだよ」と言うお話なので、
この夏を元気で乗り切るにはもってこいです。
ただ、リンゴ酢なので、(酸度は5%未満に押さえてある)
猫のように敏感なルルが嫌がらないかどうか…が問題。
せっかく買ったのに全然ダメだったら悲しいので、
とりあえず一番量の少ない250mlを注文してみました。

もう少し余裕があったら、同じヒルトンハーブの”ベテラン”と言うサプリメントも
欲しいのですが、今のところ、ブルーベリーアイ、キトサン、生酵素…で限界。
ワンフー自体に数種類の漢方が入っているからサプリは要らないんじゃないの?
と思ったりもするんですけどね。

「自分の体に少しお金をかけたら?」…と母からしばしば言われるのですが、
今のところは自分に回す余裕はなく…。
でも結局は、ルルが元気で毎日溌剌としてくれていることが
私のサプリメントになっているんだろうな…うん!


さて。
リンダが居なくなってから、犬の保険についていろいろ考えた時があって、
ルルも加入した方が良いのかな…なんてね。
私には、長年のお付き合いで、飼い主としても人としても
目標としている方が居るのですが、
その方のワンちゃんが5,6年前に骨肉種で亡くなったんですよね。

その方は、ワンちゃんに100万(多分それ以上です)の医療代を掛けて、
ワンちゃんを苦しませずに毎日を快適に過ごす為の最善を尽くされたんですよね。

骨肉種でありながら、その子最期まで苦しむ事なく安らかに逝ったんです。
今はどうか知りませんけど、当時としてはちょっと考えられないことだったみたいですよ。
骨肉種って凄い痛みらしいし…。

その方が当時、ワンちゃんを見送った後、
保険に加入していれば、この金額の倍のお金をかけてあげられるんだよね…。


と言ったんですが…
(うーん、確かに。確かにそうだ。)

リンダの時には姉からの有り難い援助と父からの借金で
何とかなったのですが、それを考えても犬保険の加入にはとうとう踏み切れず…。

何かね。
月々の保険料を支払うんだったら、毎日健康でいる為の物に
お金を使った方が良いような気がしてね。
結局そっちを選んだんですね。

だってさ。
ずっと保険を掛けていたって、
病院での治療ではどうにもならないものの場合だってあるし。

掛けられればそれにこしたことはないけど…
どうなんでしょうね、犬の保険。

だけど悪徳獣医なんかの場合、しなくても良いような検査なんかもして
請求したりする ところもあるみたいだしね。
飼い主さんは保険に入っているから通常よりも安く済んでいると思っているし、
いちいち請求書の詳細を細かく追求したりしないでしょうからね。

解らなくても良いから、
「これって何の為の、どういう検査なんですか?」
って聞いたりするのも良いかもしれませんね。

《素人だと思って甘くみてたらいけませんぜ》
っていう態度も時々見せた方が良いような気がする。


あ~、いったい何が言いたい日記なんだか。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    Re: タイトルなし

    Keesmomさんへ*

    キースママさん、コメントしてくれてありがとうございます。

    >苦痛を取るためのお金なら出来るだけかき集めたいと思いますが・・
    >あの時知識があれば抗がん剤治療はしていなかったと思います・・
    >飼い主は良かれと思い治療に必死でしたが、キィーちゃんの本当の声は
    >「もう、嫌だ・・おうちに居たい」だったんではないのかな・・と。

    私の場合は祖母でしたが、同じように悔やんでいます。
    今のように情報がたくさん集められ、自分の知識も今の状態であれば
    辛く苦しい治療も、病院に置く事もしなかったと思います。
    歴代の犬たちも、知識の無さから随分かわいそうなことをしたと
    思い出せば後悔ばかりです。

    手術したり、高度医療を受けさせて治るものであるなら、病院での
    治療を選ぶかもしれませんが、そうでなければ他の手を考えるかな…。
    その時その時でケースも違うので、なんとも言えませんが、
    私もキースママさんと全く同感ですね。↓

    >苦痛を取るためのお金なら出来るだけかき集めたいと思いますが・・


    >うるさい飼い主と思われても、治療内容・薬の必要性などはちくいち確認しますね・・

    でも、これって凄く大事ですよね!

    今は獣医さんが丁寧に説明するのが普通になってきましたが、昔昔は
    「お前なんかに説明して何が解るんだ」
    と言うような表情丸出しで、嫌ぁ~な顔されましたよ!
    筆記用具持参して、先生のいう事を目の前で書き取ってきました。
    でも、そうする事で獣医さんも身が引き締まると思うし、もっと勉強してくれる
    のではないかと…。
    ある意味、良い獣医さんを育てるのも飼い主さん側かもしれません…なんてね。

    サイダービネガーダメでしたか?!
    むせちゃったんですね~。
    でも、これを選んでるところがさすがって感じ♪

    ルルは夕ご飯の水分たっぷりご飯に入れてあげると問題ありませんでした。
    まぁ~、多分、嫌かもしれませんけどね。
    そこのところは見ない振りで…。^^;

    >あ~、私も何が言いたかったのか・・
    >失礼いたしました・・・

    いえいえ、v-411十分過ぎるほど伝わりました♪
    ありがとうございました!

    ( 09:34 )

  2. ells | -

    Re: タイトルなし

    ラジャさんへ*

    ラジャさん、コメントありがとうございます!

    吹雪ちゃんは保険に入っているんですね。
    肛門の病気、長かったですもんね~。
    犬保険は掛け捨てでしょう?ルルは3年前でも結構な
    値段だったような気がします。8歳くらいだったし。
    これって悩むところですよ。
    犬保険も人間みたいにいろいろな商品があると良いですよね。
    貯金型や、元気なら3年ごとにお小遣いがもらえるとか
    掛け金が安くなるとか…。そういうの作れないものなんでしょうか?

    ラジャさん、作って♪ …なんちゃって。v-398

    >ラジャもいったい何を言いたいんだか。。。

    いえいえ、とんでもない!
    私の何が言いたいのか分からない日記に
    よく分かるコメントをありがとうございました♪


    ( 09:30 )

  3. Keesmom | -

    私も保険をかけるか悩みましたが、結局高額な出費になるので、毎月預金箱に入れて毎年の健康診断に回しています。

    キィーちゃんが亡くなった時に色々と考えましたね・・苦痛を取るためのお金なら出来るだけかき集めたいと思いますが・・あの時知識があれば抗がん剤治療はしていなかったと思います・・飼い主は良かれと思い治療に必死でしたが、キィーちゃんの本当の声は「もう、嫌だ・・おうちに居たい」だったんではないのかな・・と。
    うるさい飼い主と思われても、治療内容・薬の必要性などはちくいち確認しますね・・

    ちなみに我が家も一時サイダービネガーを使用していましたが、リオちゃんがむせるので止めました・・
    すごく迷惑そうな顔をされるとそれ以上、使えませんでした・・

    あ~、私も何が言いたかったのか・・
    失礼いたしました・・・

    ( 12:31 )

  4. ラジャ | udg4x/Zk

    営業の人にうるさく言われて
    何年か前に犬保険に入りました。
    入ってすぐくらいに肛門の病気が見つかって
    保険内容は治療費の50%でしたけど
    長い治療だったので助かりました。
    今は毎月3千円くらいの保険料ですけど
    その分貯金してた方がいいのかは微妙ですね。
    だいたい保険って入る方がいいのか
    その分貯金してた方がいいのかは微妙じゃないですか。
    ルルちゃんは若い時ならいいけど
    年齢が高いので保険料も高いと思う。
    その分毎日の栄養につぎ込んだ方がいいような。
    とても難しい問題なんですよね。
    ラジャもいったい何を言いたいんだか。。。

    ( 10:40 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事