出し切ってきました、東京の仕事。
出すって大事ぃ~…(便秘薬のCMみたい)

東京では、講座以外に、そこでお預かりしている子たちの
ケアをさせてもらっています。
リハビリを頑張る子たちのその前後のケアや、
シニアの子たちのケアなど…。
どの子も皆愛おしいのだぁ~♪ 

こういうケアを地元の病院がやってくれたら
どんなに良いだろうってずーっと考えているのですが、
そういうことに興味のある獣医さんて、こんな田舎には
居ないのよねぇ~~。残念だわ、ホント…。
動物たちに必要なのは、注射や薬だけじゃないと思うんだけど。
目先と言うか、儲けのことしか考えてないっていうか、
その場を処理するだけで目一杯っていうか…。
ルルに何かあっても安心して入院させられるようなところなんて
ひとつもないんだから…この辺じゃぁ…。(ぶいぶい)

こういうきめ細やかなケアをする病院があったら
安心して預けられるのにな。
ellsを雇ったら最高だと思うんだけどねぇ…。
動物にも人間にも優しいよ。ふふふ…。

はー!
しょうがないから、自分で施設立てて、良い獣医を雇うかな。

脚長おじさん、お待ちしてまーす!




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)