上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでもしみったれた奴だと思われそうですが、
年に何度か思いに耽る日がどうしてもあります。
亡くなった子たちの命日や誕生日や記念日は…どうしてもね。
そういう日の我が家の朝食時は決まって、この会話から始まります。

(私)…「ねー、ねー。今日は何の日だか知ってる?」
(両親)…一瞬二人とも”何の日”だか考えるが、
犬バカ娘の言うことは所詮犬の事しかないと思い返し、
真面目に考えた自分達がアホだった…と言うような態度でこう言う。
「どうせ、また犬の事でしょう。」

(あったり前じゃん!)

これ、本当に毎年何回もやってます。
年寄りだから同じ事を何回言っても怒られないところが良いでしょ?
年を取るとすぐ忘れてしまうからね。これ、年寄りの特権ね。

今日12月22日はステファニーの誕生日でした。元気にしていれば今日で11歳です。
子供が小さい時に亡くなると親はこんな風に「今年で何歳」って数えて、
その子の姿を想像してみるんだろうと思います。
犬と人間を同じにするなと怒られそうですが
私にしてみれば自分のお腹を痛めていないだけで、自分の子供と同じ。

躾教室に一緒に通った同い年の子が歩いているのを見ると、ステも生きていれば
あんな感じだったろうか、どんな老犬になっていただろうか…と
その姿を重ね合わせてみたり想像してみたり。
同い年の子が元気で居てくれる事は私にとって、とても嬉しい事でもあります。

来年は12歳、再来年は13歳…。バカみたいな話ですが、いずれは
「元気でいれば今年○○歳」と
言えなくなる日が来るのかと思う事が寂しい…。
私の知っているシェパードの最長記録が17歳だから、
後6年くらいは心の中で祝っても良いよね。

今年も冬の花火が上がったよ、ステファニー。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    そうなんです。

    しかも2匹ですよ、2匹。
    1匹はネットで見つけた方で、もう1匹はドッグトレーナーの先生のシェパちゃんでした。
    最後の方は介護状態のようでしたが、羨ましいなーと思っていました。
    私の目標です。

    ( 02:27 )

  2. 梅ゴン母 | yZ567bcQ

    NoTitle

    じゅ 17歳まで生きたシェパさんがいたんですか?

    読んでて思わず「ええ~~???」と声を上げてました。

    凄いです。

    ( 22:06 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。