上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は2カ月おきの定期検診。

ルルの膝裏のリンパ節あたりにできていた
シコリの成長がいまだに止まらず…。

前の病院で細胞を取って”大丈夫”という結果になっているし、
「悪性の腫瘍ならば今頃ルルはここに居ないから」…と先生は
言うのだけど、まだまだ大きくなり続けているし、
ずっと心配をしっぱなしというのも何だから…。

「もう一度細胞を取ってみるというのは?」という私の質問に
先生は、
「シコリを大きな森と考えると、細胞はその中の木なんです。
ひとつの木から細胞を取ったところで、全体(森)のことは分からない。
だったら、もうこのシコリを全部取ってしまって、そのシコリごと検査に
出した方が良いような気がします。」

うーむ。

「手術して取るのは良いけど、その後の歩行に支障が出るという可能性はないですか?」
という質問に対しては、
「もし、このシコリが筋肉や血管に触っているとしたら、今の段階で
こっちの足だけが冷たいとか、震えがあると思うんだけど、それがないので
大丈夫です。」

そうか…。


先生の説明では、
これは”過形成”と言うものらしいんだよね。

悪い細胞が増殖して出来るのが腫瘍で、通常の細胞が増殖しちゃうのが過形成。


それからね、

ルルの左上の歯肉から歯ブラシが触っただけで、血が出てるし、
痛がるので、殺菌力や炎症に良いと言われているサモアナノヌというものを
塗ったり飲ましたりして、だいぶ良くなっていたんだけど、
今日はついでにその歯肉も見てもらったら、菌が歯根の方に入っていて
それが穴を開けてるって言われてビックリ…。

もしかしたらその歯は抜かなくちゃダメかも…なんて言われて…。(嘘でしょ?)

「これは普通じゃ発見できないですよ。」って言われたけど、
本当にちょっとだけ赤くなってるだけなの。
その歯もとても綺麗なんだよぉ~?!何でぇ~?

今日は殺菌するための外用薬でヨーグリっていう名前の薬を
もらってきたけど、出来れば抜きたくないのよね~。

最悪、抜くことになったら、この足のシコリを取る時に一緒に
やっちゃうことになります。

しかし、ルルも来年は2月で13歳になるので、全身麻酔は嫌だな~…。

命にかかわる病気じゃないので、年が明けたらやってもらう予定ですが、
帰りの車の中で、下痢になりそうな腹痛で…(私が)
今からそんなじゃ、当日どうするねん!


今夜はビワの温灸してあげよ~っと。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    Re: タイトルなし

    ラジャさんへ*

    外科手術は躊躇しますよね。年齢に関係なく、絶対に必要で
    なければやりたくないです。
    今回も、放っておく選択も可能なのです。
    実際、この2年間は様子見だったし。

    ただ、膝の裏の上下の筋肉のところにある、このシコリが
    今後も大きくなるとしたら、どうなんだろうな~って思うのと、
    全部取ってしまって本当に大丈夫なものかどうかも
    検査に出してみたいのと、いつまでも気になり続けるのも
    嫌だな~と言うのもあるんです。

    気持ちは複雑です。

    やる時にはお知らせするので、ラジャさん応援してね。v-421

    ( 19:47 )

  2. ラジャ | udg4x/Zk

    歳を重ねるといろいろ出てきますね。
    でも外科手術は躊躇します。
    できるだけ切らずに済むならその方がいいですよね。
    身を切って空気に触れない方がいい
    なんて説もあるけど
    ちなみにラジャは盲腸に卵巣云々。
    外科手術はいろいろですが元気ですから
    空気に・・・の説もどうなんだか。
    直る保証があるなら早めに切った方がいいし
    うーーーん 難しい選択。

    ( 14:00 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。