今回の内容をいろいろと記録しておきたいと思います。
かなりの長文となり、また、
最後に、切除した脂肪腫の画像もあります。
ちょっとグロイかもしれませんので、弱い方はこの記事はスルーして下さいね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

麻酔をかけるのだから、この際気になるところは全部書きだして来るように
言われたので、箇条書きのメモと、場所説明の為の絵を描いて先生にお渡した。


s-!cid_225856954a720a9c692c1c50acbaf23b.jpg


①左膝のリンパ節のシコリについて
手術直前に先生から、
「やっぱり今回は細胞を取ってくるだけにしようかと考えなおしたんだけど…」
と言われる。
(でも、シコリが大きくなってきているのに針を刺しただけでは、
そのシコリがナニモノかは分からないって言ってましたよね?)
と言うと、
”ポンチ”と言われる器具で細胞を取ってくるので、3,4針は縫うくらい
切開するのだけど、針よりももっと細胞を取ってくることが出来るので、
だいたいの見当がつくという。

シコリを丸ごと取って来て、それを検査に出すという最初の予定を
直前になって躊躇する理由を聞くと、膝のリンパ節を全部取って
しまうことになると思うので…と言う。

膝のリンパ節が全部なくなるのか…。確かに迷う。
リンパ浮腫って動物にもあるとしたら、それは困る。
だけど、良性のものだとしてもこのまま放置すると
どんどん大きくなる。歩行に支障が出る。その時に切除できる?
そんな自分の気持ちを先生に話して、後は先生の判断に全て
お任せしますとお願いした。

結果、先生は切ったようで…。
そのシコリは、リンパ節を中心にして、それを取り囲むように
脂肪腫が出来ていたようです。(先生は桃の種と果肉に例えていましたが)
リンパ節の上に脂肪腫が出来ることはあるけど、こういうケースは
初めてだったと言われました。

リンパ節を傷つけないように丁寧に脂肪腫を取り除き、
その後、取った脂肪腫を崩し、変なものがないかどうかを
調べた結果、”外部に検査に出すまでもないモノ”と!
ああ、最高に嬉しい!


s-DSC01416.jpg

包帯が巻けない場所なので、人工皮膚なるものを貼ってあります。
何て便利なものがあるんでしょう!


②左上の歯について
抜歯は覚悟をしていたが、
「治っていたので、抜歯はなし!」
これも嬉しかった!
歯磨き後、毎日歯肉にサモアナ・ノヌを塗布したのが
良かったと思っている。


③頭の上と首のイボについて
皮脂腺腫という。
切除後、傷口は縫合しないでおく。
ヨードで一日2回の消毒をすること。

月日と共にかなり大きくなってしまった首のイボ。
これからは皆に撫でられても安心。


④歯の裏側の汚れについて
”可能であれば機械でない方法を希望”と書いてあるのを見て、
「どうしてですか?」と聞かれる。
昔、リンダの歯石取りをしてもらった後、歯の表面を傷つけられて
その後の歯の汚れが以前よりも取れにくくなったことを言うと、
ラバーカップで研磨するのでつるつる仕上げになるとのこと。

終わってみて歯をチェックすると、
本当につるつる…。昔と全然違うんだ。
…というか、病院によってなのかな。


⑤耳の中の汚れについて
マラセチア外耳炎だって。
でも本当に初期の段階。

汚れてるから綺麗にしてもらおうと思っただけで、
まさかマラセチアとは…。
ルルの耳の中を触るなんてとんでもない。
なのに、しばらくはA薬で拭いた後に耳の中にB薬を垂らすだって…。

ちょっと憂鬱。


⑥左の肩甲骨辺りのシコリについて
噛まれた傷の下あたりに見つけた。
最近気がついたもの。
もうしばらく様子をみることになった。


⑦右太もものシコリについて
これは、リンパ節でした。
ホッとしたぁ~。


⑧右太もも内側の水疱について
昔、よその病院で針を刺して潰されたことがあった。
水のようなものが出たのを覚えている。
でも、間もなくまた同じところに水疱ができた。
なので、心配のいらないものなら潰さないで欲しいと言った。

そしたら、それがリンパ管の浮腫だって。
血管で言えば血管瘤だって。
で、そこも治して頂きました。

ここは先生に言わないでも良いかも…と思っていたけど、
言って良かった~。


s-DSC01423.jpg

絵と同じポーズなの。


s-!cid_da569b8e444c4dc45d24c4b3fb72cf60.jpg

血液検査も問題なし。


s-!cid_0eabb7bd11b622f93b742839fec07dfa.jpg

そして、これが切除された脂肪腫。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    Re: タイトルなし

    ラジャさんへ*

    ラジャさん、ありがとうございます!
    とにかくホッとしました。^^

    獣医さんには(うるさい飼い主)と思われているかもしれません。
    でも、口がきけない私の子どもですから…。

    > おろそかにはできません!

    ↑これが狙いです。

    > どうしても本人(犬)が説明できないから
    > 先生の言いなりの部分があります。
    > きちんと納得して受けさせるのは必要ですよね。

    専門的な知識がなくても、常に一緒にいる飼い主の疑問とか、
    できればこうしたい…とかいう意向もある。
    そういうところを分かってくれる先生だと良いですよね。
    人間の病院も動物の病院も、これからは先生の言うなり…
    みたいな時代ではないですね。
    吹雪ちゃんのお尻も手術しないで治って良かったですよ!
    (手術ってお尻のアレですよね?)

    > 立ち姿のルルちゃんの後ろ足が
    > シェパ立ちなのが ちょっと笑えた(笑笑)

    絵でしょう?
    一応、お腹だしてひっくり返っているのがルルで、
    立ち姿なのがリンダの絵なのです。
    だから、シェパ立ちで正解なのですよ、ラジャさん!v-411

    ( 16:36 )

  2. ラジャ | udg4x/Zk

    無事に終わってそれに良い結果で
    おめでとうございます。

    さすがにこれだけ詳しく図入りで説明されたら
    担当の先生も舌を巻く?
    おろそかにはできません!

    どうしても本人(犬)が説明できないから
    先生の言いなりの部分があります。
    きちんと納得して受けさせるのは必要ですよね。
    吹雪も2回目の病院で手術!っと言われて
    そのまま信用して受けさせていたら
    今頃どうなっていたか恐ろしくなります。

    言葉で説明できない分
    飼い主がしっかり見ないといけませんものね。
    しっかり飼い主さんでルルちゃんは幸せもの。
    立ち姿のルルちゃんの後ろ足が
    シェパ立ちなのが ちょっと笑えた(笑笑)

    ( 15:29 [Edit] )

  3. ells | -

    Re: タイトルなし

    マルコさんへ*

    マルコさん、ありがとうございます♪
    今年は1月から犬に咬まれたり、手術があったり…と
    心配の連続でしたが、大事に至らずホッとしています。
    幸せなシニアライフを送って欲しいと思いますし、
    最後まで健康でいて欲しいと願います。
    そして長寿!
    皆願いは同じですね!

    ( 20:38 )

  4. マルコ | JalddpaA

    ルルちゃん手術したのですね。
    でも悪い結果じゃなく本当に良かった~。おつかれさまでした。
    リンパ節にシコリだなんて心配でしたね。
    外耳炎も早く治りますように。
    絵と同じポーズしておりこうさんだね^^





    ( 00:08 [Edit] )

  5. ells | -

    Re: タイトルなし

    たまさんへ*

    たまさん、ありがとうございます!
    ずっと気になっていたシコリだったので、それが悪いものでは
    なかったことが判明したし、大きくなる心配もなくなったので
    私の腹痛もスッキリ治りましたよ!v-411

    マラセチアは耳の場合しか知りませんでしたが
    足にもあるんですね。
    (耳には一切触らせないぜ!)
    って感じのルルなので、もう大騒ぎです。
    鼻に皺を寄せて怒ってますよ。
    当分の間は戦いです。

    ( 20:52 )

  6. たま | KHHRCHCE

    あぁ良かった!本当に良かったですね~!!
    ルルちゃん、お疲れさま。
    ellsさんもこれで腹痛の元がスッキリしましたね(^^

    以前バニラの足先をハゲハゲにしたのがマラセチアでした。
    バニラは飲み薬ですっかり綺麗になったんですけど、このお薬は結構な高額なので
    頑張って外用薬で治しちゃってくださいね。
    ellsさん、ファイト~(笑)

    ( 23:52 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)