上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日の夜に手術跡をカバーしていた人工皮膚フィルムがはがれました。
2週間は経っていて抜糸ができる状態だったし、手術直後からその日まで
ルルがそこを気にしている風も全くなかったのですが、
フィルムがはがれたと同時に隠れてなめちゃって…。

運の悪いことに翌日は朝から東京で仕事。
夜に帰宅したらすっかり膿みたいなものでグチュグチュ。
気絶しそうでした。

月曜日に病院に連れて行ったら、
「ルルさん、自分で抜糸しちゃってました。」…だって。
もう信じられないんですけど。

先生が手術した状態のまま綺麗に傷口がふさがるのがⅠ期癒合と
言うらしいのですが、ルルの場合はまた傷口(表面だけだと思う)が
パッカリ開いてしまったので、自然に下側から肉が盛り上がってくるのを
待つと言うⅡ期癒合になるのだそうです。

傷跡は残り、毛も生えてこないらしいのですが、仕方がありません。
その為だけにまた全身麻酔をかけて縫いなおすなんて考えもないし。

もう抜糸して終わりだったと言うのに、舐めただけで傷口が開くって…
それってアリなんですかね?

また5日間の抗生物質を1日2回処方されて、
憂鬱なエルザベスカラーを付けなきゃならなくなりました。


s-!cid_1997167741d11a63b87523e9758888dd.jpg


人生初のエリザベスカラーに、昨日の初日は固まって全く動けず…
頭も持ち上げられない状態。

しょうがないよね、ルルが自分でやったんだから。

院長先生が言ってたよ、
「ルルねぇ~、”舐めて治そう”なんて言うのは、迷信だよぉ~。」
ってね。

ルルも私もちょっぴり憂鬱だけど、なるべく憂鬱にならないように
過ごせるようにしたいと思っています。


s-!cid_a8c1525d2f4f47465c5f48bda99a26fe.jpg


筒型になった包帯と伸び縮みのするバンデージを使って
いろいろとやってみたのですが、立ったり座ったりを数回されると
ズリズリ…っと落ちてしまう…。
膝の裏をカバーするのって難しいのです。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。