15日の朝に太ももの手術跡を見たら、恐ろしいことに
縫合したところが開いちゃってるぅ~~!!!(怖いぃ~!)
綺麗に治っていたところが、先生の言うとおりボコボコになって…。

慌てて病院に行って来ました。

もう私的にはショックで、何て言ったらいいのか分からないんだけど、

「こればっかりは、縫ってみないことには分からないんだよね。
試し縫いするわけにもいかないし…。」

なのだそうだ。

うーん。


糸に反応するのって、ダックスに多いらしいのね。
私の知ってる子も、もう一度手術をやり直したミニチュアダックスが居たけど。
全身麻酔なんて1回だって嫌なのに、短期間に2回もなんて絶対嫌だよ。

で、結局ルルはどうなったかというと、
局所的にブロック注射をして、開いてしまった縫い目のところに
たっぷりとステロイドのクリームを塗られ、その上から人工皮膚の
フィルムを貼られました。

「ステロイドが全身に回らないように、ブロック注射をします。」
と言っていたな~。
それって、結構強烈な濃度のステロイドってことじゃない?もしかして。

これで様子を見て、上手くくっつかないようだったら
ステロイドの軟膏を処方されるようなんだけど、

それは、
「(飼い主の)覚悟ができたら…と言うことで。」
なんて言われて…。

なんか、
(私はさ、あんまりステロイドなんて使いたくないんだよ~)
っていう、心の中のボヤキをしっかり見抜かれていたようでビックリ。

抗生物質も手術後に5日分、ルルが自分で抜糸しちゃった時に5日分出て、
また今回も抗生物質が処方されるのかな…嫌だなぁ~~~って思っていたら
今回はセーフ。

今年は元旦からステロイドと抗生物質が続いてしまったし、
やっぱり内臓に溜まるからね~。


s-DSC01513.jpg


内臓の働きを強化して、デトックスすることが大事ですよ~!






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    Re: ルルちゃんファイト!

    鍵コメさまへ*

    先ほど、ダイレクトメールで返信致しました。
    届いていないようでしたら、またこちらにコメント入れて下さいね。

    ( 14:41 )

  2. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:45 )

  3. ells | -

    Re: タイトルなし

    ラジャさんへ*

    ラジャさん、こんばんは☆

    >ステロイドは短期の場合は大丈夫
    >人間のも弱いのを長く使うより
    >強めを短期に使って治す方法だそうよ。

    そうなんですね!分かりました!
    ブロック注射するステロイドの軟膏なんて初めてだったから
    ちょっと怖かったんです。

    ルルも自然に2カ月くらいで溶ける糸なんです。
    その糸が合わなかったらしくて、縫ったところが(肉の中)
    開いてしまったんです。

    お腹の中で、内臓だったら大変なことでしたよ。

    「もうルルは手術しない~」と先生に言われました。

    ( 22:30 )

  4. ラジャ | udg4x/Zk

    ルルちゃんまたカラー人生
    憂鬱だよねぇ。
    縫えば必ずくっつくって思ってたけど
    そういうもんでもないのね。
    ステロイドは短期の場合は大丈夫
    人間のも弱いのを長く使うより
    強めを短期に使って治す方法だそうよ。
    吹雪の避妊手術の時は
    縫う糸を肉の中に隠れるように縫ってたから
    カラーもしませんでした。
    自然に溶ける糸とかで抜糸もなかった。
    手術でもいろいろね。
    ルルちゃんに 元気一発!

    ( 16:33 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)