上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)始まりと出会い

2001年の6月にルルの家族は居なくなりました。
”夫婦揃って悪事をする”この地域では有名な家で、
ある日とうとう警察に連れて行かれたのです。
それは地元新聞にも出たので、あっという間にニュースは広がりました。
( 確か、あそこの家には犬が居たよね…)


しばらくの間、近所の人たちの間でそのニュースは話題になりましたが、
”そこの家の犬”について知っている人は誰も居ませんでした。
皆そこに犬が居たことすら知らないのです。高く生い茂った垣根の奥。
しかも隣の家と家との間の狭いスペースに小さな小屋を置かれたルルの姿は
外を通る人から見ることが出来なかったのです。


そこに犬が居ることをどうして私が知っていたかと言うと…
その家には以前、白い犬が居て、エルザとの相性がとても悪く、散歩で通ると
いつもワンワンと吠えられていたのです。
他の犬とも大人しく付き合えるエルザでしたが、そこの家を通る時だけは
5,6メートルくらい前から毛を逆立ててグイグイとリードを引っ張り、
「いつでもかかって来い!!」の戦闘体勢に入りました。
いつの頃かその白い犬の気配が無くなってからも、その家を通る度に
鼻息を荒げるのは続いていました。
(あの犬の匂いがまだするのだろうか…。よっぽど相性が悪かったんだなぁ…。)
「エルちゃん、もうあの犬は居ないんだよ!」


新しい犬が居ることに気が付いたのは2000年のいつ頃だったのか
記憶していないのですが、何気なく垣根の方に顔を向けた時、
その隙間から奥の方に仔犬がいるのが見えました。
「ここの家、また犬を飼ったんだ」


その仔犬は私たちが覗いているのが分かったようで、
一生懸命小さな尻尾を振っていました。「可愛いなぁ~~♪」
(でもここのお家じゃ可哀想だけど…)


思えばこれが私とルルの一番最初の出会いでした。
この時ルルは生後何ヶ月くらいだったのでしょう。
飼い主に覗いている所を見られでもしたら因縁をつけられるぞ…と
気が気ではなかったので、私はルルの顔を全く覚えていないのです。
私に向かって尻尾を一生懸命振っていた姿だけが今でも印象強く残っているだけです。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。