以前も書いたことがある、雷対策。
フラワーレメディやリラックスCD、ボディラップを巻く…などなど。
良いというものを試してみたけれど、ルルの場合はアコナイトが当たりました♪

ホメオパシーは、人間と動物の為のホリスティックを学んだ半年間の中で
教えて頂いたのですが、常備しておくと役に立つものがいくつかあります。

(私はキットで先生から購入しましたが、ネットで単品で購入できるようです。)


s-!cid_2dfeddee50de60e13b2cd19d4480611b_20130823122148bb3.jpg


アコナイト(  Aconite )は36のレメディで一番最初に入っているレメディです。
恐怖とか、パニック、ショックの時に使うと良いので、雷や花火などの時に
使うと良いかも…と思って使用してみたら、これがとても良かったんです。


s-!cid_fe32cc1d3621f4752baa624a7c2ef598.jpg


これらのレメディは電磁波に近ずけてはいけないとか
直接触ってはいけないとか、使用方法、保管方法に細かな制限があります。

お水に溶かして飲ませるのはOKですが、食べ物に混ぜ込むのはNGなのです。
では、どうやったら上手く犬に飲ませられるか…ですが、


s-!cid_08502fd635d535454e4d9ea41e903274.jpg


小さな瓶から、レメディを直接手で触れないように取りだし、
スプーンを二つ使って、こんな風にして潰し、


s-!cid_6fc6d74159a3249edab2af0bff809d0a.jpg


それを少量のお水に溶かしてシリンジで飲ませる。(以上です


今までは上手く飲ませられなくて、床に落としてしまったり、
口に入れたはずのレメディが吐きだされたり…でしたが、
これなら上手く飲ませられます。
(落ちたものは使えません。落ちたもの、直接手で触れたものは
瓶に戻してはいけません。)

直接触ってしまうことでレメディの波動が変わってしまうから
効果も薄れてしまうのだと思います。

ホメオパシーは勿論人間に使うものなので、実際にいろいろと
自分自身で試してみるのが一番です。

単品であればそんなに高くないと思うので、雷・花火などを
酷く怖がる子には、試してみても良いかもしれませんよ。
シニアの子が怖がる姿は可哀そうだもの。心臓にも負担掛るだろうし。


参考になったら拍手してね☆
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ells | -

    Re: タイトルなし

    うさかなさんへ*

    お陰さまで元気になっています。ありがとうございます。
    まだ、無理をさせたくないので、お散歩も少しずつですが。

    シニアになると耳も遠くなるので、それによって怖がらなくなる子も
    いるようですが、そういう子は幸せです。
    心臓もかなりバクバクさせますので、負担がありますからね。
    カリンちゃんはルルよりも一つ上なんですね。
    若いのはカンクロ―ちゃんと一緒だからかもしれませんね♩

    ( 14:23 )

  2. うさかな | uZXv6jNw

    しばらくパソコンから離れた生活を送っていたのですが、ルルちゃん体調を崩していたのですね…。回復しているようで何よりです。

    レメディ良さそうですね!

    うちはカリンが耳が聞こえなくなっているようで、以前怖がっていた雷も音が聞こえないので大丈夫になりました。
    耳は加齢によるもので病気ではないと言われましたので、ジェスチャーで意思疎通もできるし、あまり心配はしてないです。

    恐怖のストレスは大きいので、気持ちが楽になれるとよいですよね。

    ( 10:21 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)