暖かくて軽いこと
被らない、手足を通さないで装着簡単であること
ハーネスが使えること
歩行を邪魔しないこと
コートの下にもう一枚着ていても調節可能なこと
静電気が起きないこと

これ↑私が思うシニア犬の理想のコート。

……………………………………………………


手芸は好きなのに裁縫が苦手ってどゆこと?
…と、1人ツッコミを入れたくなるんだけどね。
そんな私でもルルの為なら頑張るんだよ。

シニア犬に簡単に着せてあげられるコートが
欲しくてね。被るタイプは嫌がるし。
でも雑種犬のルルには既製品は大概、
帯に短し襷に長し。

と言うわけで、型紙作ったりしてやってみた。
キルト芯も挟んだからフカフカです。





クリスマスには間に合わなかったけど
もうすぐ誕生日が来るからね。

本当を言うと、これは一昨年の冬に作り始めて
途中で諦めちゃったのです。

パイピングを綺麗に付けたくて手縫いで
やってたら気持ちがフェイドアウトしちゃった。
どうしてもミシンだと上手くいかないんだもん。
特にカーブ!

得意な人ならこんなの1日で作れちゃうんでしょうけどね。





ウエストのベルトは止めて、お腹部分を
もう少しカバー出来るような感じのものを
作って縫い付ける予定です。





この冬の間に出来るかな?

え?
まさかの来年持ち越しですか?





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事