涼しくなってからお散歩の距離を徐々に増やしています。

暑くて湿度が多かった時はルルがもっと歩きたいと行動で示しても
私が制限をかけていました。
犬は自分の体調を考えて運動制限しないので
飼い主の方がコントロールしてあげないと後々
後悔することに繋がってしまうことも多いです。
特にシニア期に入ってからは要注意。

犬が楽しそうだからと言って長時間の運動や
お散歩は体を痛めてしまう恐れもあり、痛めてしまったら
その後の犬生の楽しみが半減です。


20150826_153836.jpg


その子の持病や関節、筋肉を考えて上手に運動を
していくのが良いですよ。
ある程度年齢が来たら、運動やお散歩も量より質ですから。
そして日々のケアがあれば言うことなし!


20150826_153929.jpg


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)